カテゴリー「◆ Meta Trader&Back Test」の13件の記事

2012年5月10日 (木)

Meta Trader 4 build 419 ヘの更新

他のブローカーは全部完了したにもかかわらず、FXディーディーのリアル口座のMT4 だけが、今の Build 409から最新であるBuild 419に全くアップデートされない。

グロボの最新ver1.8はbuild 419以降で稼動するから、リアル稼動しようと思うが、そろそろ支障がでてきた。

念のため、サポートにアップデートは待てばよいかそれとも何か別の方法があるのか質問した。

回答は:HPから最新のMT4をダウンロードしてファイル名同じならそのまま上書きインストールしてくれと

やり方がどこかに記載してあるのかも知れないが回答に基づきすぐに上書きインストールして解決した。推定原因:MT4の中のlive updateアプリが古いのかも?

**以前、デモ口座は「古いバージョン」とメッセージが出て、回線不通になった。そのためHPからDLしてインストしたことがあった。リアルも結局同じ結果だった。

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ポチっと応援してくれたらうれしいです m(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ
にほんブログ村

2012年3月28日 (水)

なんでかなぁー? BTが2012/3/21で突然停まってしまう

EA type-2 のポンドルで現状動かしている設定をエフエックスディーディーでBTを2009/01/01から2011/12/31の3年間やってみました

しかし、2011-3-21でいきなり勝手に停止してしまいます。火曜から開始して2日経過してからなので、がっかりです。3/22以降のデーターもあるのですが、なんでかなぁ。メモリの関係でしょうか?分かりません。誇れるようなものではありませんが、とりあえず下に掲載。

リアルが今後うまくいけばよいのですが。ちなみに、2008年8月のリーマンショックのときはやはり破綻します。だから2009年以降でBTやったのですが。再度、BTをやってみることにします。

2009010120120321

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ポチっと応援してくれたらうれしいです m(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ
にほんブログ村

2012年2月27日 (月)

ライセンス管理Guardian の更新

2/26 (日曜) 夕方からEA-type1をmt4にドラッグしてもセットできない

2/27(月曜)朝もEA-type1をmt4にドラッグしてもセットできない。

ライセンスを管理するguardianの稼動状態を見るとサーバーからデータ取得に失敗している。何度やっても取得エラー。

原因を考えるに、新バージョンに更新していないことが原因ではないかと推定。guardian の現バージョン 1.70.75 を1.90.95 の最新にすべくインターネットからdlした。新バージョンをインストして更新上書きしたらデータ取得に成功してEA-type1をmt4にセットできた。

うーん 旧バージョンで1ヶ月くらい稼動してたのですが、やはり旧バージョンはサポートが切れたということなのでしょう。対策は新バージョンへ更新することでokでした。

含み損260ドル抱えていたので、セットできなくてあせりましたが、一応無事に稼動開始した。

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ポチっと応援してくれたらうれしいです m(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ
にほんブログ村

2011年10月 3日 (月)

シンクフォレックスの決済が消滅した問題(その3)

シンクフォレックスの外人さん(日本語ができる)から私の携帯電話に電話がかかってきました。いわく、新しいライブサーバーの名前とパスワードを連絡するから、それでmt4にログインできるかどうか試してくれというもの、ただしmt4は以前の赤いアイコンのものではなく、新しい緑のアイコンのmt4をダウンロードして試してくれというもの。

そこで、ホームページからダウンロードして、私のvpsからmt4をアンインストールしてまたインストールして、ログインしたら、「消えた決済は復活していました」

消えた問題はこれで一応解決。

しかし、その後ライブで動かすと、gbpusdのlimit order価格が3,000pipsくらい飛んだので、危険を感じて注文済みオーダーだけ手動で20ドルほど損切りした。

おまけにmt4の注文番号が2桁と7桁が混在する。なんだ、、これは??

またもや、停止して、サポートにメールを送信。返事待ち。回答は1-2日待ってくれと

困ったブローカーです。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ポチっと応援してくれたらうれしいです m(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ
にほんブログ村

シンクフォレックスの決済が消滅した問題(その2)

シンクフォレックスは滅茶苦茶。

土曜日曜に処理するといった消えた取引も、10/3(月曜) 8時になっても消えたまま、おまけにサポートに登録したe-mailとパスワードも無効。ホームページの口座ログインも不可能。ということは出金も不可能。

サポートと経理にどうなっているのか?とメールを再び朝に送った。

このまま、丸ごと全部持ち逃げするつもりか?

[追記]

朝、9:20 amライブチャットをしたら、ラテンシーの関係でサーバーを移動中だから、私の口座にログインできない。私の消えた取引は24時間以内に訂正するとの回答ーー一応待つことにする。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ポチっと応援してくれたらうれしいです m(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ
にほんブログ村

2011年9月30日 (金)

シンクフォレックスの決済が消滅した問題(その1)

シンクフォレックスから一日半経過して中間の回答が来たので、決済消滅問題について一応整理しておく

9/27(火曜)

日本時間午後10時ごろライブサーバーが断続的に切断。ついに完全停止した。1時間以上ダウン。その間に2回ほど瞬間的にサーバーが稼動した際、既注文が午後11時48分に自動決済された。

決済の内容は下記の通りで、この瞬間のmt4画面を目視していた。

GBPUSD 0.12lot buy open 1.55480(open time 08:00GMT) close 1.56253(close time 11:48GMT) profit 77.3pips profit usdollar92.76

その後、ライブサーバー稼動し始めたが1番から7番データセンターではなく、「Live-1-BACKUP」に接続されており、MT4の履歴を見ると先ほどの決済が消えていた。

私は決済の中味をたまたま別の方法で魚拓を取っていた。

ホームページからサポートにクレームを言おうとしたがホームページもダウンしていた。

9/28(水曜)

動き出したホームページへ入り、そこからサポートのメルアドを探して、クレームのメールを送ったが、2回とも受信拒否された。次にライブチャットで担当者を呼び出して、「なぜ私のメールを受信拒否するのか。なぜ勝手に取引を消して私の利益を無いものにするのか」と質問。回答は「もう一度メールを送ってくれ、そしてCCを経理(Accounts)へ送って欲しい」

もう一度メールをサポートへ送り同時に経理へもcc。今度はすぐに「貴方のメルアドを登録したからいつでも照会できる。貴方から提示された問題はレビューして1-2日以内に回答する」旨の返事。。。質問照会も許可制か?

バックアップサーバーでは心もとないし、決済問題が片付くまで現状保持する意味もあり、mt4ライブトレードは朝から停止した

9/29(木曜)

日本時間19時過ぎに返事が来た。

「技術的問題についての謝罪とともに、金曜日の取引が終了してから、内容を調査して必要な訂正、修正を行う」旨の返事。--(今ここの段階まで) 一応2日以内に返事が来ました。

クレーム申し出た顧客だけに修正するのか、全顧客に対して修正実施するのかはこの文面では分かりません。いづれにしろシンクフォレックスも平日に処理するのは難しいだろうから、土曜日曜を待つことにしましょう。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ポチっと応援してくれたらうれしいです m(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ
にほんブログ村

2011年4月12日 (火)

グロウス・ボットのLicense managerがインスト-ル不可

グロウスボットはver 1.1からver 1.2に変更になったとき、ライセンス方式が変更になった。

ver1.1をアンインストしてver 1.2をインストしたが、ライセンスverifyができない。その原因はライセンスmanager exeがインストされていないためであった。

そこでサポートに処置を聞くと、「アンチウイルスソフトが働いたからだろう、パソコンからウイルスソフトを一時停止してからインストしてくれ」という回答であった。

使えるネットのVPS(wondowsサーバー2003)だから表面上はウイルスソフトの適用状況がわからないから使えるネットに確認すると回答は、「私にだけウイルスソフトを適用しないようにすることはできない」とのこと。それはそうでしょう

従って、もう一度グロウスボットのサポートにメールを送信して、次回バージョンからの改善を要求した。

サポートの回答は「それはできないから、手動インストールファイルを私宛に送ります」とのこと。

そこで本日4/12(火曜) 送られてきた最新の「手動インスト用Ver1.2ファイル」を私のパソコンで開くとなんと、ノートン様が「ライセンスマネージャーexe」は「Trojan.gen2」ウイルスだとして自動的に削除する。手動用だから明確にウイルス検索でひっかかります。自己インストールファイルではノートン様もパスするので検索にかかりませんでした。これで原因が明確になりました。

これではだれがやっても動きません。多分、個人データーの収集を図るプログラムが含まれているのでしょう。さすがは世界に冠たるロシア製EAの面目躍如。

donna forexでも昨日あたりから「ライセンス認証できない」として話題になっている。外人さんはバージョンアップ作業が遅い。「ライセンス認証できない原因はウイルスだ」と書き込んだ。

サポートに対して、次回バージョンからの改善を要求したが回答は「ウイルスではない、サーバーと接続する機能だけだ」というもの。しかしこんなやりとりをしても埒があかない、本当にウイルスかどうか真実は不明。

もともと再起動問題など問題があっただけに、少しうんざり。

私は、仕方がないから 古い ver1.1を使っています。

[2011-4-12 追記]

もうひとつ契約している使えるネットのVPS Windows サーバー2008の方で、手動インストーラを展開すると、ライセンスマネージャーexeをウイルス認定しません。こっちで動かす方法もあるが入れ替えとか面倒だし忙しいからそのままです。

[2012-5-11 追記]

VER 1.70 でようやくウイルス認定されなくなりました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ポチっと応援してくれたらうれしいです m(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ
にほんブログ村

MT4 「Context is busy 」であせりました

4/11(月曜) 夜11時過ぎのことですが、Forex com UK で運用しているEAの注文であせりました

というのは何回もSL/TPを手動で小刻みに修正したところ、レスポンスがかえってこないのでイラついてプロセス途中のものを取り消しししまった。(これがまずい)

そうすると次は何度、価格を修正しても「Context is busy」とMT4が表示する。

このままでは場合によっては、大きく損する可能性がある。しかし対処方法がわからないのでパソコンからForex com UKのライブチャットを開いた(日本時間午後11時:20分)

すぐに担当者がでてくれたので、チャットする

彼は、問題あればカスタマーサポートに聞いてくれと言うが、アカウント番号を伝え、状況とエラーメッセージを言うと、すぐに答えをくれた。

彼の回答は「細切れに修正したことが原因でサーバーが切断されたことが原因。MT4を再起動してサーバーに再度接続すれば可能になる」という回答でした。

「context is busy」と表示されたときにMT4に回線不通というメッセージは表示されてなかったように記憶。しかしチャットでもらった回答に従いMT4を再起動したら直りました。ただ再起動した際に「回線不通」とでたので、スキャンして接続しなおしたら、決済が完了しました。

素人の失敗談です。勉強しました。チャットだから英文控えなし。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ポチっと応援してくれたらうれしいです m(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ
にほんブログ村

2011年4月 7日 (木)

Euro Smarter.dllのインストール場所

ユーロスマーターをインストールすると、MT4のトップレベルに 「euro smarter.dll」がインストールされていることに気が付いた。

DLLは通常、expertsフォルダ直下の「libraries」に配置させるべき?手動で移動させねばならないかどうか、作者へメールで聞いた。

回答は、「そのまま放置しておいて何ら問題なくEAは稼動する」ということでした。

下記参考までメール原文:

20110407mail

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ポチっと応援してくれたらうれしいです m(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ
にほんブログ村

2011年3月 7日 (月)

Forexグロウス・ボットの操作上の問題に対する処置

つかみどころのないEAでしたがこれまで1ヶ月間、動かしてきた結果、少し内容把握ができるようになりました。ポジションをとるタイミングはよいが、決済ロジックがへぼいと思うので、海外掲示板での議論の内容もあわせて、操作上の問題点に対する個人的な対応を下記の通り整理:(3/7の初回記事に対して自分の理解不足があったので方針を少し自己修正しました)

問題点:

1. MT4を再起動するとトレード・マネージメント機能が切断される。土曜、日曜にブローカーのMT4が停止したときも同様に切断されて、既存のポジションに対する連携が切れてしまう。いわゆるトレード・マネージメント機能がアウトになる。これは15分足チャートを5分足チャートに切り替えたりした際にも発生する。

2. SL.TPがMT4上見えないので不安。

3. 自動損切りポイントが20pipsと早すぎる(ようやく自動SLポイントが分かった)ので、損切りばかりが先行する。

対応:

1.「ClosePreviousSessionOrders=0」をセットして、毎週金曜日に就寝前に手動決済を出来る限り行う。

2.「Assign_PT_and_ST=false」にセットして、ポジを取得する都度、手動でSL=45入力する。TPはとりあえず入力せずに自動とする。

3. 手動設定は暫定処置とし、外人さんの間で話題になっているBE,SL,TPだけを自動メンテするマネージメントEA(マニアックなEA!)をDLしたのでデモ口座で動作確認する。うまく動けばこのメンテEAを導入する。

。。。ということで、

3/7(月曜)の朝一番で、窓明けの状況を見ながら、リアル口座、デモ口座とも小額ですが先週からの既存ポジション4個を利確しました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ポチっと応援してくれたらうれしいです m(_ _)m

にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ
にほんブログ村.

その他のカテゴリー

■ EA自動売買の成績 ◆ CashBackForex と MyRebatesFX ◆ Click bank/Plimus返金処理 ◆ FX 夏時間と冬時間 ◆ Meta Trader&Back Test ◆ Moneybookers ◆ VPS ◆ エコトレFX ◆ 海外ブローカーとの英文やりとり備忘録 ◆ 為替の予測記事 ◆ 自作EA ● 日記とつぶやき ● [EA] Pips colaのブログ記事翻訳 ● FX裁量トレード日記 ● iPhoneでVPSを ● WEBセミナー受講 ● 東日本大震災(2011年3月) 【ブローカー】 Alpari NZ 【ブローカー】 Alpari UK 【ブローカー】 Forex com UK 【ブローカー】 FX PRO com 【ブローカー】 FXCM com UK 【ブローカー】 FXDD MALTA 【ブローカー】 Hot Forex com 【ブローカー】 Think Forex 【ブローカー】 Trading Point com 【引退】 4xCashCompounder 【引退】 Betelgeus_Ver1.2 【引退】 Breakout Genious PRO 【引退】 Cyclone- 201EU/GU 【引退】 EA Real Deal 【引退】 ESC 【引退】 Euro Smarter 【引退】 Fap Ultra 【引退】 Forex Growth Bot 【引退】 Forex Megadroid 【引退】 Forex Morning Trade 【引退】 Forex U-Turn 【引退】 FXEZ-3 【引退】 FX孔明 【引退】 Hawk-4戦略EA 【引退】 HUAU KILL 4XIS.9pair 【引退】 HUAU SEM 6XIS.GBPUSD 【引退】 i-Bands Neo 【引退】 IrisFX 【引退】 MetaPro Ultima v3.0 【引退】 Steady Winner 【引退】 Tasukigap EA 【引退】 Trade Max 21 【引退】 Trade Max PRO 【引退】 TraXXon EA 【引退】 Turbo Morning Trade 【引退】 VS Eurocross 【引退】 VS Pips Cola 【引退】 White Tiger 【引退】 為替奉行 【引退】 肉食系V2 【返金】 Euro key EA 【返金】 Forex Cressendo 【返金】 Pips 4 idiots

FX世界時計

経済指標カレンダー

  • FX経済指標

ダウリアルタイム市況

カテゴリー