Google Translator

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理人の定年後の友としてFXのブログは別途ここに

brogu mura

神戸の天気

最近のトラックバック

メールフォーム

  • メールフォーム

カテゴリー「退職後の厚生年金・税金・健康保険」の9件の記事

任意継続の健康保険組合険料を支払いました

定年退職後も継続して 元の会社の健康保険組合に任意で加入していますが、3/12(金曜) 、2年目の保険料請求書が届いたので、1年分を早速銀行振り込みをしました。

これで、来年の2011年3月31日まで健康保険は任意継続です。そのあとは国民健康保険に加入する予定。今年度の収入は厚生年金(部分年金)だけですが、国民健保保険料はいったいいくらになるのでしょうか。妻が言うにはかなり高いよ。。。と

3月は確定申告とか色々やることがあるし、もし次回バンコクにいっても今回同様、3月初めには帰国しないといけないようですね。そして定年退職1年目はホント物入りです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

定年退職一年目の確定申告を税務署に提出して来ました

2010年3月8日(月曜) 

午後から税務署へ確定申告に行ってきました。

結論は:数万円、所得税が還付されることになりました。確定申告した結果です。

私は、昨年2009年3月31日付けで、会社を定年退職し、退職後丁度1年目です。

以前に1年目の確定申告の必要性を、会社に定期相談に来ていた社会保険労務士に退職前相談で質問していたのですが、その時に明快な答えがもらえませんでした。

その後、自分でインターネットなどを調べた結果、要は退職の日付によって所得税の還付が受けられるということです。退職日は会社によっていろいろあります(例示:誕生日とか誕生日の属する月とか種々ある) 私が現役でいた会社は3月末日と9月末日にまとめて退職日を設定しています。私は3月31日で定年退職しました。3月31日で定年退職した場合は、2009年1月から3月の3ヶ月間の所得税がまるまる払いすぎになるから確定申告すれば所得税の還付が受けられるという調査結果を得ました。

午後から、税務署へ電車に乗って行って来ました。臨時職員でしょうか、一人一人に対して説明しながらパソコンに入力してくれますので、電子申告が大変楽にできました。

主な準備書類(個人によって内容が異なるので、備忘録としてここには記述):

 ・ 去年の確定申告時の利用者番号控え(電子申告の為、これがあれば便利)

 ・ 2009年1-12月の給与/賞与所得源泉徴収票

 ・ 任意で元の会社の健康保険組合に加入したので、その健康保険支払済の領収書

 ・ 医療費の領収書(合計で20万円ほどある)

 ・ 私の厚生年金(部分年金)の源泉徴収票

 ・ 妻の国民年金支払い済み領収書(厚生年金3号保険者から切り替わった為)

この内、妻の国民年金に関して、社会保険庁から案内の葉書が自宅充てに郵送されたはずであるから、領収書ではなくその案内の葉書を提出してくれという、税務署員の要請です。しかし、社会保険庁から国民年金切り替え葉書は届いていないので、その旨説明しました。来ていないものはどうしようもありません。署員は社会保険庁(=日本年金機構)の葉書を来年度はよく確認して下さいという事でした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

厚生年金振込み通知書の受領

12月10日(木曜日): 

「年金振込み通知書」の葉書を社会保険庁から郵送で受け取りました。

中をあけてみますと、2009年12月と2010年4月までの各偶数月に支給する金額と初回振込み日が12月15日という連絡の葉書でした。満64歳までは部分年金ですが、36年間のこれまでの支払いに対して、初めて年金をもらうのはうれしいものです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

公的年金等の受給者の扶養親族等申告書

九州から帰宅しますと、社会保険庁からはがきが届いていました。「扶養親族等申告書」というもので、前年度の扶養親族にたいして変更があったか、なかったかを12月25日までに回答するようにというものでした。前年度は配偶者ありとなっていました。

前年度は年金としては受給していませんから、こういう部分では社会保険庁のほうできちんと配偶者所得実績を調査して、控除対象となる配偶者ありとしているのですね。

もちろん平成22年度も「控除対象配偶者あり」ですから「変更なし」としてはがきにシールして返事を返しておきました。来年2月支払いの年金の計算基礎に使うと説明書に書かれていたので、初の年金受給は来年2月になるのでしょうね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

厚生年金の支給再開通知書を受領

去る9月4日に管轄の社会保険事務所に、4月から雇用保険を受給していたため一時停止していた60歳からの「厚生年金の部分支給」を申請していましたが、本日、11月9日(月)、「年金の支給を停止していた事由がなくなったため、年金の支給を開始しました」旨記載された「裁定通知書・支給額変更通知書」を郵送で受領した。

申請日である9月4日から暦日で67日目、雇用保険受給最終日の10月2日から数えて暦日で38日目に郵便で受領しました。これで、ほっとしました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

厚生年金の支給再開手続き

9月4日(金)

現在、厚生年金の部分支給を雇用保険受給にともない一時停止しているが、年金支給を再開する手続きを確認するため、ハローワークのすぐ近くにある、社会保険事務所に向かった。

雇用保険を受給するときは、厚生年金の一時停止を自己申告しないといけないのに、再開するときの手続きはインターネットにも記載がないからよくわからないのでどうしたらよいのかの旨、総合受付に尋ねたら、すぐに担当らしき人が応対してくれた。

再開する時も、一時停止する書類と同じフォームの書類に記入して提出するのだそうです。しかし、このフォームのタイトルは「停止」としか書かれていないのですね。少なくとも「停止または再開」とでもタイトルを修正するべきでしょうと、言うと、担当らしき人も「おっしゃるとおりです」という答えでした。しばしば同じ質問を受けますとのこと。

必要事項を書いて、「雇用保険受給資格者証」のコピーとともに提出して、完了した。

これにて、帰宅。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

市民税・県民税減免措置

6月9日、2009年度市民税・県民税の通知が郵送されてきたので減免措置を受けるため、近くの市民センターへ行き、「雇用保険受給資格者証」を提出して申請した。私の場合は10%ぐらい減免される見通しとのことであった。収入がダウンしているから、利用できる制度は利用しないといけない。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

厚生年金支給停止事由該当届

5月7日の午後3時過ぎにハローワークからその足で、すぐ近くにある社会保険事務所へ行った。60歳の誕生日を1ヶ月過ぎた2009年2月に社会保険事務所に裁定請求をして、すでに「厚生年金保険裁定通知書」を受領していたので、その時同時にもらっていた「老齢厚生年金受給権者支給停止事由該当届」を「雇用保険受給資格者証」のコピーといっしょに提出した。本人から支給を止めてくださいと申請するのもどうかと思うが、決まりだから仕方がない。それにしても、この「雇用保険受給資格者証」はとても大事な書類だと思う。あとで色々な場面でコピーをすることになるから、なくさないように気をつけないといけないな。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

健康保険加入手続き

退職前の3月に市民センターで国民健康保険と比較するため、支払い保険料の試算をしてもらったら、2年間合計した場合でも、任意継続の方が安かったので、退職時に会社に対して「任意継続保険」を希望する旨の申請書を提出していた。

4月第1週に会社から「健康保険証(2年間限定)」と「納付書」が自宅あて郵送されてきた。そこで早速4月6日、銀行へ行き「任意継続保険」の保険料を1年分纏めて保険組合あてに送金した。私も年齢相応に持病があり通院しているため、これで1年間安心だ。払うものは払っとかなくちゃ。

会社から口頭で念押しされたのは、1年分まとめて支払った場合、保険料は死亡時以外は返金しない。それと、2年目に任意継続を解約しないでくれとのことであり、了解としました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村