Google Translator

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

管理人の定年後の友としてFXのブログは別途ここに

Twitter

最近のトラックバック

« 転倒事故闘病記(11/7 -12/31 ) | トップページ

転倒事故闘病記(2019/1/1 以降 )

2019 01 20

昨年10月26日まで通っていた、スポーツジムに再び通い始めた

2019 01 22

大西脳神経外科へ行き、CT-SCAN検査の結果、硬膜下血腫は右側も左側もほぼなくなった。一応問題なしとの診断だった。2か月間、漢方薬だけで治ったことになる、よかった。

2019 02 18

右手首が痛くてよくならないから、評判が良いがその代わり待ち時間が長いという近所の整形外科へ行った。丁寧な診察だった、先生の診断は、右舟状骨の剥離骨折。このところにはじん帯があり、転倒時に手首をついた。その時にじん帯といっしょに接着していた骨の表面が剥離した。剥離して骨が開いている、その開いている角度は2.7ミリメートルだと。以前、12月1日に別の整形外科へ行ったとき、ここまで診断してくれなかった。医者によって診断できる医者とそうでない医者がいるということ、医者選びは大切ということを認識した。

この日に行った、整形外科の先生は「本来なら手首にギプスをするのが正しい。しかしあなたの場合はすでに3.6か月経過しているので、ギプスしても効果があるかどうか難しいと。とにかくこれからは右手首が痛いという動作はしないこと、それがあなたはできますか?できるなら、ギプスしないで次2週間経過後、再度診察する。右手首が痛いという動作をしないということに対して自信がないならギプスをします」という説明だった。

あーあ、やっぱり腱鞘炎ではなく、骨折だったのか。早くこの整形外科にきておけばよかったのだが、その当時は眩暈、はきけ、硬膜下血腫で安静にしておく必要があって、手首どころではなかったことが、自分として悔やまれる。この日はギプスをする決心ができなかったので、シップ薬をもらって。自宅へ帰った。

2019 02 19

また昨日行った整形外科へ行き、やはりギプスを右手にしてもらった。次は2週間後

2019 03 04

整形外科ヘ行く。剥離してプラプラしている骨折部分に下から骨の芽がでてきている。次は2週間後

2019 03 18

整形外科ヘ行く。剥離骨折して剥離した部分が下の本体とつながり始めた。次は2週間後

2019 04 02

整形外科へ行く。剥離していた部分が下の舟状骨本体とつながってきて約99%つながっている。
先生の見込みでは「このままいけばあと2週間でギプスがとれるだろう。剥離した元の
場所は欠損したままだが、これもいずれ埋まってくるが、埋まるには6か月かかる。
しかしその欠損部は関節とは距離があるので、動作には支障ないだろう。あと2週間の辛抱
だからギプス頑張ってくれ」と

2019 04 16

剥離骨折して欠けて下に落ちてぶらついていた箇所がおおむねくっついた。かけた後はかけた
ままであるが、少し手首本体の舟状骨から育ってきているのがx線写真でも見えた。
かけた部分は動きの機能的には問題のないところだからと先生は今日でギプスを
はずしますと宣言。

ギプスはずしたが手首が硬くて簡単には動かない。先生は痛いことはしないようにと。
車の運転はしてもよいか聞くと、まあよいがとっさの時の動きに注意することと

ギプスで2か月かかりました。手首は通常の2倍の日にちがかかるらしい。
これからは日にち薬だ。うれしいです

 

+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

« 転倒事故闘病記(11/7 -12/31 ) | トップページ

転倒事故による脳など打撲の闘病記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転倒事故闘病記(2019/1/1 以降 ):

« 転倒事故闘病記(11/7 -12/31 ) | トップページ