Google Translator

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

管理人の定年後の友としてFXのブログは別途ここに

Twitter

最近のトラックバック

« 2018年6月バンコク滞在記(6/12-6/13) | トップページ | 2018年6月バンコク滞在記(6/15-6/19)風邪闘病記 »

2018年6月バンコク滞在記(6/14)

2018年6月14日(木曜日)

バンコク滞在6日目、

朝はホテルの日替わり日本食の定食です。朝食後、体が少し熱っぽいので、持参してきた体温計で計測した。体温37.1度、平熱が36度以下だから微熱。昨日の夜、酔っぱらってエアコンをつけっぱなしで寝てしまったのが原因ではないかと思う。風邪を引いたと考えて、持参してきた「風邪薬エスタックイブ」を飲んで、様子を見ることにした。

昼食はコンビニでおにぎりと牛乳 61tbh(約180円)

夕方4時ごろ、体温を計測したら 38.1度に上昇していた。これは本格的に病気になったので、歩いて近くのバンコク・クリスチャン病院へ診察を受けにいった。

この病院の興味がある点は、最初、総合受付でパスポートとかを見せる。それからナースセンターみたいなところへ行き、病状を聞かれるので説明し、体重、体温、血圧を計測する。その次、このナースセンターが、どの番号の診察室へ行くか指定される(おそらく、問診したのち、的確な医師を選択してくれていると思います)

医師の個室へ入り診察を受けます。日本と違って完全個室ですから、会話の内容は他人には漏れません。

薬をもらいました。

抗生剤 ルリッド(Rulid) 150mg x 2 x 5 days

解熱剤 パラセタモール(Paracetamol) 500 mg x 6 時間ごとx 14 錠,なお袋の注意書きに4日以上は飲むことは禁止とある。この薬はアセトアミノフェン、

抗アレルギー剤、 クラリチン(Clarityne) 10mg x 2 x 5 days

のどあめ ストレプシル(Strepsils)  24 錠

病院の支払いは2000tbh以下だったので、自費で支払った。日本帰国後にクレジットカードの保険請求をするつもり。

夕食はコンビニで買ってきたおかゆだけ。

+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ

« 2018年6月バンコク滞在記(6/12-6/13) | トップページ | 2018年6月バンコク滞在記(6/15-6/19)風邪闘病記 »

■ バンコク滞在(2018年6月)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年6月バンコク滞在記(6/14):

« 2018年6月バンコク滞在記(6/12-6/13) | トップページ | 2018年6月バンコク滞在記(6/15-6/19)風邪闘病記 »