Google Translator

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

管理人の定年後の友としてFXのブログは別途ここに

最近のトラックバック

ブログランキング参加(blog)

« 顔面神経麻痺の闘病記(その2 :回復後の耳鳴り) | トップページ | 耳鳴り闘病記(2014/7月) »

耳鳴り闘病記(2014/6月)

6/09(月曜)

顔面神経麻痺が1カ月経ってほぼ治った時点で、突然耳鳴りが発症した。

早速、耳鼻咽喉科に行き、歩くときのシャー音を説明した。医師は右の耳を顕微鏡でみて毛を1本取った。聴力検査をしないと分からないとつぶやきながら、検査の結果前回と同じで難聴はないと。あと3日ぐらいしてまだ耳鳴りがするならまた来てくれと。この日はこれで耳鼻科から帰宅した。

6/10-6/15

医師に症状を分かってもらいたい一心で、自分の耳鳴りの状況を色々な条件で試してみる

基本的には、歩くときに「シャー、シャー」と音がする。家の中で歩くときより外で歩くときのほうが余計に「シャー音」はする。外で自動車が通るとさらに「シャー音」がする。じっと椅子に座っていると、脈拍にあわせてかすかに「シャー、シャー」と音がする。これをネットで調べると、拍動性耳鳴りというそうだ。しゃべると自分の声が反響する。耳つまり感もある、耳詰まり感は左耳もある。

トイレでいきむと右耳からシュッと空気が抜けるような音がする。

一方、耳鳴りが小さくなるのは、右の耳に指を入れると、小さくなることを発見したので、薬局にゴム製の耳栓を買いに行った。外を歩くときはこの耳栓をすると「シャー音」が小さくなって歩きやすくなる。

6/16(月曜)

耳鼻咽喉科へ行った。

聴覚検査の結果は、前回より良かった。結果を見て、医師は「聞こえているではないか!」とびっくりしたような大きな声で言う。これがどういう意味か、このときは分からなかったが後で分かった。つまり難聴がないのに耳鳴りとはおかしいというか分からないな。。。ということなのだ。鼻、口の中を医師が見る、異常なし。医師も困った表情で、拍動性耳鳴りがするということなら、脳の血管の障害を疑ってみる必要があると。

脳外科のMRIを紹介してもらう。

6/22(日曜)

右側の耳を下に傾けると、プールでたまった水がぬけるような「ポワー」とする感じがする。耳詰まり感はなくなるが「シャー」音はする。これは一体なんだろうか。

6/23(月曜)

耳鼻科の紹介状を持って、朝から脳神経外科へ行く。MRIで耳の血管の画像をとる。医師いわく、隠れ脳梗塞の跡はあるが「正常です」。生活習慣病に注意するようにとのこと。紹介状に対する回答は脳神経外科から耳鼻科へ郵便で送るとのこと。

さて、脳神経外科で異常なし。耳鼻咽喉科は原因不明で耳鼻科の先生も困った顔をするのみ、、で何も方策がないことになった。

耳鳴りに対する耳鼻科の先生の困惑した顔を思い出すと、耳鼻科に再び行く気もなくなった。とにかく耳鼻科は聴力検査して問題なければまったく打ち手なしということらしい。中耳の圧力検査くらいしてくれてもよいと思うけれど、これ以上耳鼻科の医師に頼っても仕方がないと思った。

現状の症状は:

①座っているときに少しだけシャーシャーと拍動性耳鳴りするがテレビをつけるとほとんど耳鳴りは気にならなくなる。

②歩くときに「シャー」音が歩行に合わせてする。家の中で歩くときよりも外で歩くときのほうがシャー音が大きくなる。

③歩くとき、そばを自動車が通ると余計にシャー音が大きくなる。

私の場合、夜寝るときはシャー音は小さく、しばらくすると聞こえなくなるので、就寝はできる。歩くときが問題。耳栓をすれば耳鳴りがほとんど聞こえなくなるので、耳栓が唯一の対策になる。しかし家の中で歩くときまで耳栓をするのはつらいため、あまり運動をしなくなった。

ネットで色々情報を得る。。耳鳴りの原因は何だろうか?私の低いシャー音は血流の音だと思うが。。顔面神経麻痺の後遺症で血流がよくなったため耳の神経がびっくりして聞こえなくても良い血流の音を拾っているのだろうか?聴覚過敏だろうか?肩こりの影響だろうか?外耳道が小さくなったのだろうか?耳管が狭くなって圧力調整ができない耳管狭窄症なのだろうか?内耳の蝸牛になにか問題があるのか? 不安に陥るばかりだ。

;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

« 顔面神経麻痺の闘病記(その2 :回復後の耳鳴り) | トップページ | 耳鳴り闘病記(2014/7月) »

耳鳴り闘病記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541746/60155306

この記事へのトラックバック一覧です: 耳鳴り闘病記(2014/6月):

« 顔面神経麻痺の闘病記(その2 :回復後の耳鳴り) | トップページ | 耳鳴り闘病記(2014/7月) »