Google Translator

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理人の定年後の友としてFXのブログは別途ここに

brogu mura

神戸の天気

最近のトラックバック

メールフォーム

  • メールフォーム

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の4件の記事

入院中の妻の外出と外泊

8/24(日曜)

骨折で長期入院中の妻がパーマをしに行きたいということで、昼から病院を一時外出。午後はパーマ屋さんと病院の送り迎え。入院して1カ月以上たつと頭髪の手入れは必要です。

8/30-8/31

外泊したいという妻の希望で、病院へ外泊許可願いをだし、自宅へ一時帰宅した。退院後の生活スタイルなどを事前検討。大腿骨骨折であるから、少なくとも就寝時は布団をベッドに切り替えるほうがよいという結論に達した。一人用のソファを買うかどうかは引き続き検討する。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

妻の怪我

7/17(木曜) 妻が片方の足を骨折

今年は毎月、何かしら病気や怪我がおこり、本当についていない年だ。

私は去年の10月から「痔。右肋骨の神経炎。薬疹による急性蕁麻疹。歯科医院通い。顔面神経麻痺。耳鳴り」

それに加えて、7/17、午後に私の妻が外で立って孫を抱っこしていたときに、倒れて、片方の足の「大腿骨鎖骨」を骨折した。孫は無事。救急車を呼ぶ。救急車の中で整形外科の候補が3箇所あって、どちらかを選んでくれと言われ、救急隊員はやる気のなさそうな感じで、まず整形外科を選択するのに、ごちゃごちゃした。そして救急隊員は「死ぬような怪我ではない」とか平気な口調で物申す。形式的な質問かどうかは不明だが「救急車を呼んだ理由は何か?」と尋ねるから、「動かせないし、担架が必要だから。自動車には乗せられない。担架は自分の家にはない」と話した。人当たりがよくない。

市内の医療センターに搬送。医師からは事前説明で「今日手術しないといけない。チタン製の金具を挿入して自然につなぐ方法か、それとも人口骨を挿入するか、すぐに決断してほしい」と告げられた。私の妻は満63歳。大腿骨鎖骨の骨折は自然につないでも骨頭部が壊死する可能性が高い、そうなると最初から人口骨を使用した方がよいことにもなる。壊死の確率は50%である。」と。

悩んだ結果、金具を挿入して自然につなぐ方法での手術を依頼した。その日のうちに手術した。

手術は成功した。

医療センターには2週間しかいられないので、リハビリをするための新しい病院を病院の中にある地域連携室でさがしてもらい、7/30に別の病院へ転院した。地域連携室という制度は初めて知ったが、良い仕組みでありうまく機能していると感じた。

妻の足は少しずつ良くなってきている。最低でも2ヶ月は入院生活と予測。

;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

耳鳴り闘病記(2014/7月)

7/2(水曜)

持病の高血圧の薬をもらうため、いきつけの内科の先生のところへ行く。高血圧は大きな問題はない。内科の先生は気さくな先生なので、内科的になにかあるでしょうかということで目下の私の悩みである耳鳴りのことを話した。内科の先生は、「脳神経外科も耳鼻咽喉科も異常なしということなら、顔面神経麻痺のことを考慮すると、ヘルペスウイルスが神経に悪さをしているしか考えられない」。さらに先生は「耳鼻科の医師は絶対にヘルペスウイルスと耳鳴りの関係は認めない。それは自分たちのやってきたことを否定することになるからだ」とおっしゃる。ヘルペスウイルス説は半信半疑であるが、私にとっては患者の話しをよく聞いてくれるこの先生しか頼る人がいない。

「抗ウイルス薬を試してみますか?」ということで、5日分「ゾビラックス」をもらった。ゾビラックスを1日 1,000mg、5日分で200mgx25錠 調べてみるとゾビラックスは副作用が非常に少ない薬とのこと。

7/9(水曜)

ゾビラックスを5日間、飲んで少し耳鳴りが小さくなったようだが、はっきりしない。内科へまた行って、ゾビラックスの処方を頼んだ。あと5日分(1日あたり1000mg)もらった。内科の先生のお勧めは、輸入品になるがヘルペスに対しては「リジン」が効果があると。これはネットで購入可能とのこと。すぐにネットで注文を入れた。私の症状は「リジンだけでも治りそうな気はする」と先生はおっしゃる。ネット見ると輸入品は粒が大きくて飲みにくそうなことと納期が長いようなので、国産リジンを注文した。

7/11(金曜)

7/2からゾビラックスを飲んで9日目になった。ゆっくり歩くとシャー音が少し小さくなった。これまで1カ月間、外を歩くときは耳栓をしていたのに、この日は始めて耳栓をせずに、近所の歯科医院へ歩いていくことができた。ゾビラックスの効果がでたのだろうか?劇的によくなったということではないが、耳栓なしで外をなんとか歩けることは大変に嬉しい。

7/14(月曜)

ネット注文していた「リジン」が自宅へ到着した。一日飲む量は350mgx 2錠 x3回 =2,150mg

7/15(火曜) - 7/31(木曜)

ゾビラックスがなくなったので、飲むのはリジンだけ。

耳栓なしで19日間過ごすことができた。イライラした時などはまだ拍動性耳鳴りがするが、歩くときのシャー音が少し小さくなったように思う。耳栓なしで歩けるということが、耳鳴りのシャー音が少し小さくなったということの結果だろう。

;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

耳鳴り闘病記(2014/6月)

6/09(月曜)

顔面神経麻痺が1カ月経ってほぼ治った時点で、突然耳鳴りが発症した。

早速、耳鼻咽喉科に行き、歩くときのシャー音を説明した。医師は右の耳を顕微鏡でみて毛を1本取った。聴力検査をしないと分からないとつぶやきながら、検査の結果前回と同じで難聴はないと。あと3日ぐらいしてまだ耳鳴りがするならまた来てくれと。この日はこれで耳鼻科から帰宅した。

6/10-6/15

医師に症状を分かってもらいたい一心で、自分の耳鳴りの状況を色々な条件で試してみる

基本的には、歩くときに「シャー、シャー」と音がする。家の中で歩くときより外で歩くときのほうが余計に「シャー音」はする。外で自動車が通るとさらに「シャー音」がする。じっと椅子に座っていると、脈拍にあわせてかすかに「シャー、シャー」と音がする。これをネットで調べると、拍動性耳鳴りというそうだ。しゃべると自分の声が反響する。耳つまり感もある、耳詰まり感は左耳もある。

トイレでいきむと右耳からシュッと空気が抜けるような音がする。

一方、耳鳴りが小さくなるのは、右の耳に指を入れると、小さくなることを発見したので、薬局にゴム製の耳栓を買いに行った。外を歩くときはこの耳栓をすると「シャー音」が小さくなって歩きやすくなる。

6/16(月曜)

耳鼻咽喉科へ行った。

聴覚検査の結果は、前回より良かった。結果を見て、医師は「聞こえているではないか!」とびっくりしたような大きな声で言う。これがどういう意味か、このときは分からなかったが後で分かった。つまり難聴がないのに耳鳴りとはおかしいというか分からないな。。。ということなのだ。鼻、口の中を医師が見る、異常なし。医師も困った表情で、拍動性耳鳴りがするということなら、脳の血管の障害を疑ってみる必要があると。

脳外科のMRIを紹介してもらう。

6/22(日曜)

右側の耳を下に傾けると、プールでたまった水がぬけるような「ポワー」とする感じがする。耳詰まり感はなくなるが「シャー」音はする。これは一体なんだろうか。

6/23(月曜)

耳鼻科の紹介状を持って、朝から脳神経外科へ行く。MRIで耳の血管の画像をとる。医師いわく、隠れ脳梗塞の跡はあるが「正常です」。生活習慣病に注意するようにとのこと。紹介状に対する回答は脳神経外科から耳鼻科へ郵便で送るとのこと。

さて、脳神経外科で異常なし。耳鼻咽喉科は原因不明で耳鼻科の先生も困った顔をするのみ、、で何も方策がないことになった。

耳鳴りに対する耳鼻科の先生の困惑した顔を思い出すと、耳鼻科に再び行く気もなくなった。とにかく耳鼻科は聴力検査して問題なければまったく打ち手なしということらしい。中耳の圧力検査くらいしてくれてもよいと思うけれど、これ以上耳鼻科の医師に頼っても仕方がないと思った。

現状の症状は:

①座っているときに少しだけシャーシャーと拍動性耳鳴りするがテレビをつけるとほとんど耳鳴りは気にならなくなる。

②歩くときに「シャー」音が歩行に合わせてする。家の中で歩くときよりも外で歩くときのほうがシャー音が大きくなる。

③歩くとき、そばを自動車が通ると余計にシャー音が大きくなる。

私の場合、夜寝るときはシャー音は小さく、しばらくすると聞こえなくなるので、就寝はできる。歩くときが問題。耳栓をすれば耳鳴りがほとんど聞こえなくなるので、耳栓が唯一の対策になる。しかし家の中で歩くときまで耳栓をするのはつらいため、あまり運動をしなくなった。

ネットで色々情報を得る。。耳鳴りの原因は何だろうか?私の低いシャー音は血流の音だと思うが。。顔面神経麻痺の後遺症で血流がよくなったため耳の神経がびっくりして聞こえなくても良い血流の音を拾っているのだろうか?聴覚過敏だろうか?肩こりの影響だろうか?外耳道が小さくなったのだろうか?耳管が狭くなって圧力調整ができない耳管狭窄症なのだろうか?内耳の蝸牛になにか問題があるのか? 不安に陥るばかりだ。

;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »