Google Translator

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

管理人の定年後の友としてFXのブログは別途ここに

brogu mura

神戸の天気

最近のトラックバック

メールフォーム

  • メールフォーム

« オーボエマスタークラス / ミニコンサートへ行く | トップページ | 顔面神経麻痺の闘病記(その1発症) »

大阪桐蔭学園吹奏学部の野外演奏会

これも1カ月以上前のこと

2014年月19日(土曜日)午後

「大阪桐蔭学園吹奏学部」の野外演奏会が明石市西二見のイトーヨーカ堂でありました。

大阪桐蔭学園吹奏学部は全国コンクールで金賞受賞など素晴らしい演奏で知られています。

この日は気温が午後から上昇したので、最初設定した場所では直射日光が当たり、楽器に悪影響を与えるから途中で日陰へ場所を移動して窮屈なスペースになってしまってかわいそうでした。

しかし、全員で100名を超える全員の演奏は迫力ありました。クラリネットだけで30名近い。トランペットやトロンボーンの音が割れることは全くなく流石です。木管楽器も音色がきれいなのと何よりタンギングがほぼ一致していることが大変聞きやすい理由のひとつだと思いました。

チューバとユーフォニュームで低音部を吹いて、他のメンバーが合唱するという形式が私たちの時代にはなかった新しい形式のようで、新鮮でとても素晴らしかった。

私、演奏後にずうずうしくオーボエトップ奏者の方にチューブの種類を尋ねました。「リゴッティ」だそうです。私もリゴッティは1個だけ以前作りましたが出来がよくなかった。次回リゴッティでトライしてみよう。

2時間以上の演奏会。有意義な楽しい一日。

次の動画はスマホ使用だったので、残念ながら少ししか撮影できませんでした。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

« オーボエマスタークラス / ミニコンサートへ行く | トップページ | 顔面神経麻痺の闘病記(その1発症) »

日本での日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541746/59728334

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪桐蔭学園吹奏学部の野外演奏会:

« オーボエマスタークラス / ミニコンサートへ行く | トップページ | 顔面神経麻痺の闘病記(その1発症) »