Google Translator

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

管理人の定年後の友としてFXのブログは別途ここに

brogu mura

神戸の天気

最近のトラックバック

メールフォーム

  • メールフォーム

カテゴリー「■ バンコク・シンガポール旅行(2012年3月)」の24件の記事

タイ&シンガポール旅行(3月15日&16日: バンコク&帰国)

2012年3月15日(木曜)

旅行13日目 「ドゥシ・タニ・ホテル(Dusit Thani Hotel)」

朝食は1階のブッフェ

さて、この3日間、ホテルのwifiでずっと問題がありました。、私のパソコンのwifiはホテルから貰ったパスワードをいれたら接続できますがi-Phoneのwifiだけつながりません。パソコンの方はwifiに接続できるといことは、パスワードの問題ではなく、どうもサーバーの容量の関係でi-Phoneの接続を制限しているような感じがします、そのため、日本にいる子供とi-PhoneでFace time(テレビ電話)が3日間できませんでした。が、疲れていたので、ホテルには確認しませんでした。

実は、前の晩も部屋に帰って、部屋の中のセーフティ・ボックスを開けようとしたら、コードをいれても、動きません。フロントに電話したら、すぐに男性が二人、電子基盤の入った、モジュールを持って来ました。これも向こうは見に覚えがあるのでしょう。準備万端で来たわけです。10分くらいでサブアッセンで交換して、ハイ完了。

今日は、旅行最後の日ということで、健脚を誇る我が奥さんも疲れた様子です。今日はあちこち行きたいと申しませんから朝はのんびりして、昼前に歩いてスリウォン通りの「ジムトンプソン」へショッピングに行きます。

妻は化粧用ポーチなどをセットでお買い物。私は長椅子に座って休憩。

昼はタニアの「牛の屋」で牛丼を食べる。妻も美味しいと言います。

そして、1時間だけ足マッサージ

夕食はスリウォンの「サリカ・カフェ」でトムヤムクンとご飯に野菜炒め。サリカ・カフェは改装工事していた。店先の半分をオープンスペースにしてタバコを吸うスペースを増やしたわけです。1階の店内は完全禁煙になり空気が綺麗になった。昔は日本人が1階の奥の部屋で隠れてタバコを吸っていたが、それもなくなった。タバコを吸う人はオープンスペースまたは2階でということらしい。

夕方はまた夜店で妻はお買い物。私は夜の街へブラリ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2012年3月16日(金曜)

旅行14日目 帰国です

高いけれど、ホテルのリムジンを頼んで、スワンナプーム空港ヘ

[スワンナプームの彫像]

Cimg0243

TG672 バンコク出発 11:00am 関空着 18:10pm

関空で自宅へスーツケース2個宅急便で送る手続きをしてから、三宮行きのリムジンバスを利用して自宅へ帰りました。

 :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

タイ&シンガポール旅行(3月14日: バンコク)

2012年3月14日(水曜)

旅行12日目 「ドゥシ・タニ・ホテル(Dusit Thani Hotel)」

朝は1階でブッフェ 日本式のご飯と味噌汁があったので、私は久しぶりに 日本食にします。ドゥシ・タニは綺麗で、ビジネス街に近いから、日本人ビジネスマンがたくさん泊まっています。観光客もいます。

朝食がすんだら、妻といっしょに近くの「ルンピニー公園」へ散歩

Lunpini_set01

ワット・プラケオ(王宮)へメータータクシーで行きます。

午前11時ごろに到着したら、少し問題発生!

皆さん、だまされないようにしてください。悪いタイ人がいました。

タクシーはワットプラケオにの横にあるタイ人専用の入り口に停車した。タクシーは私たち夫婦を素人と思ったか、グルだったか、不明。女連れは狙われやすいですから要注意。

そこでおりて、正規の入り口へ歩こうとしたら、トゥクトゥクの運転手が、私たちの行く手をさえぎります。だめだと言う。そんなことはないと思ったが、今度はパンフレットを持った男が来て、英語で「あと1時間はここから入れない。12時までお祈りをしているからだ、その間に、他のお寺に観光に行こう」といいます。そんなばかなと思って、正規の入り口を見ると、閉鎖されてる感じもしないので、振り切って歩いていきます。

正規の入り口はちゃんとオープンしており、すごい数の観光客です。

やっぱり、だまし、詐欺の一団でした。何回も来てますが、このような詐欺の一団に出会ったのは初めてでした。

正規の入り口から中へ入ります。

観光客は外国人料金を払います。タイ人は無料。短パンでは入れないので、門の前に長ズボンのレンタルショップがあります。1回30tbh(90円)白人は男女ともによく利用してます。

私が写真とると、兵隊さんに目が行きます。格好いいです。

Wat_prakeo_set02

妻が撮った写真、妻の方が撮り方がうまい。デジカメの性能も良い

Wat_prakeo_set01

王宮を出て、メータータクシーをつかまえ、伊勢丹デパートへ行きます。

伊勢丹デパートの上の日本料理「歌行灯」で妻はちらし寿司、私はうどんを食べ

それから、私の長袖シャツを買うため、デパートの中へ入りブランド「ウンガロ」を探して2枚買いました。生地の色合いが私は「ウンガロ」が好きです。日本人は首が太くて、腕が短いので外国製の既製品は寸法が合わないのですが、自宅で日常着用する目的だし、安いから買っちゃいます。伊勢丹デパートのシャツは品質がよいと私は思います。

ホテルの部屋へまたメータータクシーで帰って、休憩。

ソイタニアのマッサージで足だけマッサージ1時間、女の子が妻にも例の調子で「社長さん」といい、あ間違っちゃた(社長は普通男に対して使うわけです)、彼女も自分で笑ってました。マッサージで至福の時間。

夕食はスリウォン通りの「コカ」でタイスキ。二人だから、多くは頼めない、私はいつものように、ビールのつまみとして「ローストダック(小)一皿」タイスキは「ワンタン、パックブーン(空心菜)、海老のボール、魚のボール、豆腐」などを注文

[タイスキ、食べた後だから、中味からっぽ]

Img_0211

ウェイトレスのおばちゃんが、魚のボールを注文したのに、魚のすり身を持ってくるから、私が注文したものじゃないと返却しました。私は魚のボールを持ってきてくれというのに、最後まで持ってきません。このあたり言葉が通じないのか、タイ人気質かよくわかりませんが、二重請求ではなかったからよしとします。私は請求書は必ずチェックします。

おなか一杯になったところで、妻はまた夜店に行きたいというので、案内します。

妻が買ったおみやげは、石鹸を花の形に削ったもの、1個100tbh(300円)程度。チェンマイでも買ったのに、バンコクでまた買います。そして実は明日もまた同じ店で妻は買うため私は案内しきりでした。妻は友人のおみやげのため合計14個も買ったのでした。

[自宅の玄関脇にも置いてます]

Img_0222

夜は妻を部屋まで送りました。

私は夜の街にビールを飲みにブラリ。一日で観光やら買い物やらあちこちたくさんまわりました。

 :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

タイ&シンガポール旅行(3月13日: シンガポールからバンコクへ)

2012年3月13日(火曜)

旅行11日目 

朝はタワー1番のブッフェではなく、57階屋上プールの横にあるレストランで朝食。

いちごがすごくでかくて2個も食べてしまった。美味しいです。

綺麗な屋上レストラン、朝早いから私たちが最初の客

Marina_bay_sands_set02

それから、最後にプールで写真を撮ってたら、親切な白人さんが二人一緒で撮影してくれた。朝はすがすがしい。

Marina_bay_sands_set01

昨晩、念のため、タワー3番にいるコンシェルジェにチェックアウトの混雑する時間帯とタクシーの予約の可否を確認しておいた。

チェックアウトは「朝11時台からが混雑する。私たちの朝9時30分は空いている。タクシーはたくさんいるから、予約は必要なし」との回答だった。

朝のチェックアウト状況はコンシェルジェの返事どおりでさすがに何でもよく知っていると感心。

朝、チェックアウトでまた少し問題発生!

なんと、請求書に10数件ミニバーの飲み物が書かれてます。全部で50ドル(3,000円)くらい。やりとりは全部英語。よくあることだな。。と内心思いながら 「(私) What is this?(これは何だ?)」「(係り)貴方が飲んだんじゃ?」「(私)飲んでないよ」「(係り)貴方は何を飲んだの?」「(私)ホテルのラベルが貼ってある水だけだよ」

係りの女性は黙って、私のクレームを聞き入れ、全部請求書から除外しました。一件落着。すんなりいくってことは、向こうも身に覚えがあるのでしょう。想像ですが、従業員が飲んだか。。という感じじゃないかな。ところで、チェックアウトのカウンターで私の隣に日本人の中年ビジネスマンがいて大声で「I refuse.。。(俺は拒否する。。)」なんて、言ってますから、これも揉め事でしょう。refuseなんていうからその日本人男性はかなり怒ってます。

タクシーでチャンギ空港へ、約30分

TG404 シンガポール出発 12:25pm バンコク到着 13:45pm

時差が1時間あるのでフライトは2時間

スワンナプーム空港へ到着、出口をでて、私も横着して、直接リムジンAOLのドライバーの溜まり場で、ドゥシタニ・ホテルへ行って、というと、若いおにいさんが、1,100tbh(3,000円)というから、すぐお金を渡したら、出口から、中へ入ってカウンターへ行き、伝票を書いて持ってきてくれます。おまけに車に乗ったら、彼は「ウェルカム・トゥー・バンコク(バンコクへようこそ)」なんて言う、愛想のよい青年でした。

約30分で「ドゥシタニ・ホテル(Dusit Thani Hotel)」に到着

Cimg0229

このホテルはアゴダ(AGODA)で6ヶ月前に予約していた。スリウオン通りにもBTSサラデーン駅にも近くて便利がよい。私が知っているだけでも25年以上ここにある由緒あるホテル。昔、仕事で出張に来たとき、一度泊まったことがあるだけ。

カウンターヘ行き、チェックインすると、またアゴダ(AGODA)の予約は朝食なしになっているので、グレードアップすると朝食込み、ラウンジでドリンク。。なんていいます、妻も同行しているから、色々言うのも面倒だから、ハイOKとサインしました。料金は一日、二人で2,100tbh(6,000円) です。

部屋は20階で上の方です。カネをだすと上の階になりますね。

部屋は、いいです、ベッドが固い。私は固いベッドが好みです。バス付き。洗面台の棚が大きい。パソコン置く机もでかい。難点は少し部屋が狭いため、スーツケース2個置きづらい。セーフティボックスは部屋の中に個別に付属。

Dusit_thani_set01

チェンマイに比べるとバンコクは暑い。

私の長袖シャツを買うために、伊勢丹デパートにタクシーで行きますが、交通渋滞で結局チャオプラヤーの方のロビンソンデパートに行きました。あまりよいシャツはなかったが、2着だけ買った。今日は車がすごい渋滞です、なんでかなー。

夕食は、ドゥシタニホテル近くのビル(名前忘れた)の2階にある日本料理の「味里(みさと)」へ歩いて行き、ひさしぶりの日本料理です。妻は日本料理を海外では絶対食べないといってましたが、やっぱり旅も長くなると、恋しくなったのです。冷奴、イカ&すずき(南洋すずき。でしょう)の刺身、お茶漬け、ハイネケンビール。このお店は安くて美味しい、冷奴はとってもでかいです。ちゃんと氷にはいって出てきますよ。その他もボリュームがでかい。私はバンコクではこのお店が一番のお勧めです。

夕食がすんだら、夜店に連れて行けというので、パッポンまで歩いて見に行きました。妻は健脚そのもので、全く疲れをしらない。

夜店を一通り見て、妻の気がすんだら、妻を部屋まで送った後で、私はビールを飲みにブラリとお出かけ。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

タイ&シンガポール旅行(3月12日その3: ホテルでカジノ)

2012年3月12日(月曜)

旅行10日目 「マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル」

水族館から帰って、部屋で一休みしてから、夕食。タワー2番の中華レストランに行き、ハイネケンビールを飲み、適当に料理を頼みます。

夕食後、妻と二人で、ホテルの地下通路を通って「カジノ」へ行きます。

「パスポート」は原本が必要。コピーではだめ。短パン、サンダルはだめ。

カジノの中は撮影禁止、酒はだめ、ソフトドリンクは無料

カジノの前にある案内板を見ます。英語しか書いてない。日本語の説明はなし。まじめに英語を読むため少し時間がかかります。一言で言えば「外国人に限る。外国人は入場無料。ただし、シンガポール人は一日100SGD(約6千円)徴収する」という趣旨の説明。

ドアを開けて中へ入り係りの男性にパスポートを手渡すと、パスポートの写真とバーコードを読み取ります。私は数秒でOK。妻は数分かかってます。なんでかな?良く分かりません。でも結局OK。

色々ありますが、私はスロットマシンをやるつもりだったので、ウロウロ見て回ります。日本人はあまりいないようで、チュウコクが目立ちます。ここにもチュウコクが進出してる。

スロットマシンも説明は全部英語です。要は2セント(1.2円) と5セント(3円)の2種類のようで、現金紙幣を入れるタイプとカードのみ受け付けるものと2種類のようです。

私は、最も簡単そうな、現金紙幣を入れる2セント(1.2円)タイプのスロットマシンでやることにしました。

シンガポールドル紙幣2ドル札(120円)を挿入します。真ん中の1ラインで掛け率1倍なら、100回、スロットを回せます。やってると、当たりのライン数を増やさないと面白くないから、5ラインに増やします。5ラインの場合は20回まわせます。120円で20回も回せるから、コストが安くて年寄りの時間つぶしにちょうど良い。

色々小当たりを続けるので、そのまま粘っていたら、運良く、私が5ラインで掛け率5倍にした時に、1000クレジット(20ドル相当)が当たったりして、結果勝ちました。数十ドル勝ったところで勝ち逃げです。

スロット機の左上にある、清算ボタンを押すと、支払い伝票が出てきます。

その伝票を持って、カジノの隅っこに何台もある、支払い機に挿入しますと、コードを読み取って、現金がでてきます。

午後6時から8時まで約2時間、120円で遊んだことになります。

勝ったからいうんじゃありませんが、イヤー カジノって面白いですね。パチンコ?昔は、してたけど、1発4円だっけ?玉を1,000円分買って打っても、1個もはいらないときがあるから。

部屋へ帰って、明日の出発の準備をします。就寝

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

タイ&シンガポール旅行(3月12日その2: セントーサ島 水族館&ピンクイルカ)

2012年3月12日(月曜)

旅行10日目 

モノレールのウォーターフロント駅を降りて、バス乗り場へ向かいます

Img_0164

教えてもらったとおりにブルーラインのバス乗り場がありました。

チケット売りのおじさんがいて、水族館のチケットを売っていたので買います。

Img_0166

水族館の入り口

Cimg0180

[水族館内部の写真]

見学トンネルが内部にあり、エアコンが効いて涼しい。

Suizokukan_1

Suizokukan_2_2

昼になりました。お土産品を選んでいて気がついた。ピンクイルカがいるらしい。そのショーは14時からだ。「ピンクイルカ」がいるところへ歩いていく。

昼になったので、その入り口の前のファーストフードショップで、ハンバーガー&コーラの簡単な昼食を妻と二人でとることにした。暇だから14時まで時間つぶし。

入り口の付近、このあたりのパラソルの下で椅子に座って、ハンバーガー

Img_0186

これから先は 下にある 続きを読む をクリック

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

続きを読む "タイ&シンガポール旅行(3月12日その2: セントーサ島 水族館&ピンクイルカ)" »

タイ&シンガポール旅行(3月12日その1: セントーサ島ヘ到着)

2012年3月12日(月曜)

旅行10日目 

朝、セントーサ島へタクシーで行く。

昔と違い、モノレールが開通しており、シンガポール島側のビルの名前も違っている。今はビボシティーという。タクシーを降りて、歩くのがイヤだからタクシーで水族館へ行きたいなということで、タクシー乗り場の近くで何か仕事中の若い女性(おじさんはすぐに話しかけてしまいます)に、行きかたを尋ねた。親切な人で、タクシーでも行けるが、モノレールでセントーサ島へ渡り、一番先端の駅で降りてブルーラインのバスにのればよいと教えてくれました。

ビボシティー・ビルを出て、海岸を歩いて、モノレール乗り場へ歩きます。

歩く途中でパチリ、遠くにロープウェイが見える

Cimg0173

セントーサ行きの駅

Img_0150

チケット販売機

一枚買えば、それがセントーサ島への入場券とモノレールの乗り放題券になっている。

Img_0151

とりあえず最初の駅で降りる

すぐにUSJがある、中へは入りません。

Img_0155

ブラブラして、モノレールに乗って先端の「ウオーターフロント駅」へ行きます。

Img_0162

Img_0163

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

タイ&シンガポール旅行(3月11日その2:ナイトサファリツアー)

2012年3月11日(日曜)

旅行9日目 

午後は部屋で休憩

夕方、日本でHISのオプションツアー予約していたナイト・サファリ・ツアーへ行く。

1回目の問題発生!

集合場所は「DFSの1階GSTカウンター」に17:30pmと予約バウチャーに記載されていたので、その通り、正直にカウンターの前に長椅子があったので、座って待っていた。

ところが10分過ぎて、17:40pmになっても、誰もこない。

おかしいと思い、GSTカウンターの電話を借りて(自分のiPhoneでやると国際電話になるからもったいない)HISシンガポール支店の緊急連絡先へ電話した。日本人がでてきて、「どうしたらよいのか」聞くと、「ちょっと待ってくれ」と。

すぐに、現地ガイドらしきシンガポール人が来て、私に日本語で文句を言う、いわく「集合場所は2階になっているので、どうしてここにいるのか、バスが待っているから出口の方へ早く」と言うわけです。そこで私も怒りました「(私)そんなことはない、予約バウチャーにちゃんと1階カウンターと書いてある。間違っているのはそっちだ。なんで俺に文句を言う」 向こうは全く謝りもしません。あまりバスの人々を待たせたらいけないと思い、二言くらいでバスに乗車しましたが、あまりに腹が立ったので、バスの中でもう一回、文句を言いましたが、「かえるのつらにションベン」「馬の耳に念仏」

実は、念のため、昼間にDFS集合場所を下見して確認していたので、余計に腹が立ったわけです。

ナイトサファリツアーに到着

[入り口付近]

Cimg0163

みんなで丸テーブルを囲んで食事します。

食事が終わってまた問題発生!2回目

食事の前に、次の集合場所を男のガイドが日本語で説明します。そこで行って待っていていっしょに進んだが、前に並んでいた人は入園チケットを持っているが私たちは入園チケットを貰っていないので、入れない。

そこで、近くのナイトサファリの受付カウンターの電話をまた借りて、HISシンガポール支店の緊急連絡先に電話。日本人がでてきたので事情を説明。するとすぐに、現地ガイドが来て、私たちに「貴方たちは話を聞いていない。集合場所が違う」と文句を言う。「そんなことはない」とまた怒ってしまった。これの原因は双方にあったかもしれない。ガイドの日本語もあやしくて、場所の説明が「あそこ」「ここ」というので紛らわしい。それと、他の人たちはグループツアーの団体に対して、私たち二人だけ途中参加みたいな形だったので、自分たちが余計に不安を抱いたせいかもしれません。私たちの聴き違いがあったかも。

入園して、また、問題発生!これで3回目

私は、疲れたので何もいわずに静観することにしました。

とにかく、日曜日で人が多い、大混雑です。トラムカーそのものが中で交通渋滞らしく回転が悪いそうです。

問題というのは、日本語ガイドがあるトラムカーは8時に一回だけで、日本人のお客が多すぎて、我々の団体は乗れるかどうか分からないと現地ガイドが言う。そこで、団体ツアーの皆さんが怒り出して、HISの不手際ではないかというわけです。英語のガイドは聞いても分からんと皆、ブーブー。

結局、現地ガイドが折れて、どこかと交渉したみたいで、日本人は全員、乗れることになった。トラムカーは連結してじゅつずなぎ状態。やはり日本語ガイドはよいです、動物関係の英語は専門英語になるので聞いてもさっぱり分かりませんから。

[トラムカー]

Cimg0165

[鹿]

Cimg0168

[象]

Cimg0169

終わったら、動物のショーに行きます。

帰りは、ホテルまで送ってくれました。

妻の希望でナイト・サファリ・ツアーに申し込みしたのですが、つまらないことで腹たてにゃいかんし、足もパンパンで、私は疲れました。早くマッサージがあるバンコクに行きたいということで、就寝。

 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

タイ&シンガポール旅行(3月11日その1:グリーンチリ&iPhoneケース購入)

2012年3月11日(日曜)

旅行9日目 マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル 

朝食はタワー1番のブッフェ。こっちのレストランがタワー2番より広くてよい。

セントーサ島にいく予定だったが、今日は日曜日のため、シンガポール人も多く来ていて混雑しているのではないかと想像できる。そのため取りやめて、明日、月曜日にセントサ島へ行くことに予定変更した。

ホテルの地下通路を通って、オーチャード近くまで行くためMRTに乗る。MRTの切符を買うとき案内板に表示されてる料金より1ドル上乗せになっていると思っていたが、その理由が分かった。使用したあとで、MRTの駅にきたら1ドル払い戻ししてくれる訳だ。これを知らずに何枚も捨ててしまい、もったいなかったです。しかし、ゴミとして捨てられることを防止するのが目的なら、降りて出るときに日本やタイのように自動的に回収したらよいと思うのですが。

オーチャード通りを散策しますが、昔住んでいたころと異なり、新しいビルができていたりしてかなりの変貌を遂げているので、少し場所が分かりにくいです。

ラッキープラザ近く右手にある地下スーパーでようやく「グリーン・チリ(Green chilli)」を発見し購入した。値段は数百円程度。探すのに苦労しました。昔は大丸デパートでたくさん売っていたのですが、今はあまり売ってないみたいです。日本へはシャツでぐるぐる巻きにしてスーツケースに入れ持って帰ります。

[グリーンチリ(青唐辛子を刻んだピクルス)の瓶詰め]

Img_0214

オーチャード通りをテクテク歩いて、東の端のプラザ・シンガプーラへ行く。

ウロウロ探して、4階のショップでiPhone4用のケースを発見、iPhoneの表面に傷がつきにくいふたがついているタイプがほしかったので、ようやく探して購入。カンコク製でした。ふたがついているタイプは日本のショップに売っていないように思うので、SGD58ドル(3,500円)したが、とっても良い買い物だったと思う。ふたの先端は少し短く作ってあり、タブが固く出来ているので、はずれることはないです。

iPhone4用のケース(本皮、ブルー)

   [斜め上]          [裏]            [表]

Ipnohecase_2

私が欲しかったのは、このふたつだけです。探し回った甲斐がありました。

実はこのあとプラザ・シンガプーラで昼食時に、誤って折角買ったグリーンチリの瓶を落として割ってしまった。

またラッキープラザ近くまで戻る元気がなく、がっかりしたけれど、地下にカルフールがあったのを思い出し、そこへ行って探して、発見。再び購入して、ようやくシンガポールへ来た甲斐があったというわけです。

帰りはホテルまでMRT

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

タイ&シンガポール旅行(3月10日その3: ホテルの船プール )

2012年3月10日(土曜)

旅行8日目 午後

ホテルへ帰り、妻とプールへ行きます。実はこのプールで泳ぐことが、妻の最大の旅行目的だった訳です。

素晴らしいプールです。このプールで泳ぐだけで、宿泊した値打ちがあると実感します。観光でシンガポールに宿泊するならこのホテルが多分一番でしょう。

客室は2,500室あり、いつも満室というのもうなずける次第。そのため従業員が不足して部屋のメンテナンスに不備が発生している。

私は6ヶ月前,去年の9月に(Agoda)アゴダから予約してました。

Cimg0147

Cimg0142

Cimg0137

水は大変冷たいです。そのため私はすぐに上がってベンチで昼寝します。ベンチも早くいかないと空いてません。先端は空中に落ちてしまうような感じがしますが、落ちません。先端の景色は下の写真

Cimg0145

プールの先がどうなっているのか、知りたくてデジカメを持っていって写真を撮りました(撮ったのは奥さんです)。水がオーバーフローするだけで人間が絶対落ちないことが分かりました。

Cimg0140

プールで遊んだあとは夕食はニュートンサーカス(今はニュートンフードセンター)へ妻とホテルからタクシーで行きます。

これから先は下にある 続きを読む をクリックしてください

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

続きを読む "タイ&シンガポール旅行(3月10日その3: ホテルの船プール )" »

タイ&シンガポール旅行(3月10日その2: シンガポールの昔住んでたアパート )

2012年3月10日(土曜)

旅行8日目

シンガポール・フライヤーに乗ったあと、オーチャード通りへ行くために、ホテルへ帰ってタクシーを捕まえることにします。

ホテルはいつもタクシーが客待ちしてます。これがマリーナベイサンズのよいところ。

オーチャード通りの近くにあるトムリンソン通りへ行くように、タクシーに言います。

私が35歳のとき、民間企業シンガポール駐在員で仕事していたとき、妻子と3人で住んでいたアパートがありました。当時3歳で、このアパートで遊んでいた私の子供も今は結婚しました。昔なつかし。。

Cimg0134

それほど高級アパートではないが、それでも3LDKで家賃は当時1ヶ月約20万円。外国人はこういう場所に住むように居住地域が制限されている。シンガポール人が住む国家が建設した公営アパートには原則として居住できない。

妻は自分のデジカメを手渡してとにかく写真をとれと。。私は自分のカメラを持っており、自分の被写体を取るのに忙しいのですがね。。疲れます。

夫婦二人で当時の思い出話をひとしきり。

Cimg0135

それから、昼飯をプラザ・シンガプーラ(昔ヤオハンがあったところ)へ行き、昼食。

プラザ・シンガプーラの前のMRTに乗って、ベイフロント、マリーナベイサンズへ帰ります。

マリーナベイサンズのすぐ地下にMRTの駅があります。便利です。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村