Google Translator

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

管理人の定年後の友としてFXのブログは別途ここに

brogu mura

神戸の天気

最近のトラックバック

メールフォーム

  • メールフォーム

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の4件の記事

個人レッスン #6

九州から帰ってきて、約1ヶ月ぶりに

10/26(金曜) 16:00pm 新幹線西明石駅近くのレンタルスタジオにてレッスン

先生から大変上達した。音色が非常によくなった、特に中音Fが綺麗だと。音程も良くなり均一の音程を保持できるようになった旨、ほめてもらった。練習の成果だと思う。

先生いわく「本当は音色の問題は最後です」とおっしゃる。運指とか音がでるとか他のことをまずできるようになってからだと。確かに音色の向上は難しいし、リードに大きく左右されるだろうから、時間がかかる問題だろう。しかし、自分としてもあまりに音色が悪いと1-2時間練習するのが苦痛になるため先に改善を図ったわけです。

現状は、音色は初期の一定の段階に達したと思うので、これ以上深く追求するのは今はやめることにしました。3ヶ月半でここまできたら一段落。

先生の指摘事項:

・姿勢を正して目線を上げて吹く(指を見ながら吹くと息の流れが変わる)
・苦手な運指があると息の使い方も一緒に止めるから、息は流れを止めないこと
など

思うに、吹き始めの最初の音だしの際、指を確認するため下を向く悪い癖があるから、どうもそれが最後まで尾を引くようだ。

次回レッスンまでは、音階練習をしばらくやるようにとの指示でした。音階練習には左Esキーがふんだんにでてくるから、Esキーの音の裏返りを相談した。曰く、押さえにくいと自分で意識過剰になって、その時に口の形が変わるからだろうとのアドバイス(やはりそれが真実みたいです)

リードを2個先生から新規購入。素晴らしい品質です。息の通りやすさは最高。柔らかい。この逆V字カットは1-2年では習得できないと先生はおっしゃる。先生いわく、私は先生と同じ厚みのまったく同じリードだそうで。

次の日に、私は、先端チップの逆V字カットに挑戦した、まあまあのものができたように思う、。

削り方を少し変更したが、息の通りやすいリードを作る考え方少しは分かってきたと思うけれども、実際に削るのはとっても難しいです。

この自作10本目作品は先生のリードにちょっとだけ近づいたと思う。息の通りは良く、柔らかいが乾いた(表現が難しい)音がする。作るたびに新しい発見がある。自作するためにリード厚さを測るメーターを買おうかと思っていたが、暫く保留。

;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 クラシックブログ オーボエへ
にほんブログ村

オーボエリード先端チップの形状

オーボエは「根性、体力、音楽性」だと思う。自分にそれらが備わっているかどうかは分からないけれども、若いときからの夢。

汚い音は練習していて自分の音を聞いて嫌気がするものですが、このごろ、アンブシュアを改良したためか? 音色が少し綺麗になったと感じる。

プロではないので、音楽性は横に置くとして、高校時代にクラリネットを吹いてた経験で、大事だと思うことは「音程」当然として、やはり「音色」。その次は「タンギングと指の動きを一致させること」、それと「ブレス」。

クラリネットもオーボエも中音域は右手と左手を両方同時に使うから最も指使いが難しい。中音のH,C,D,Eを中心に間に他の音が混ざらないように練習。タンギングとのずれを起こさないように練習する。他の音が混ざらないと音色が綺麗になります。

運指改善対策:

H->D =右手人指し指、中指、薬指の押さえる速度をアップする、人指し指1本でHキーを押さえていたのが、Dを押さえるために指6本でほぼ全ホールを塞ぐわけでタイミングが難しい。そしてHハーフホールの開きタイミングの問題がある。これらを整然と同じタイミングでやるのは非常に難しい。プロは当然ですが、この辺がとても綺麗です。とにかく他の音が混ざらずにやれるよう毎日練習。

E->D =これは左手親指第一オクターブキーを離すタイミングがあり、意外と難しい。毎日練習する。

指を動かす速度がどうしても遅くなるから、すばやく動かすように練習する、下管と右手の各指を1mmほどに近づけることができたので全体として改善している。

[先生作と私自作リード先端チップの形状比較]

左側は私の自作、右側は先生からの購入リード

先生の作品:ショートスクレープW型=チップ先端逆V字が綺麗、チップと本体との境目の段差はある。やや暗い音色だが息の通りが良い。やっぱりこれが一番良い形だと思う。大事にしているが右角が少し欠けてしまった。

私の自作:先生作品を真似してショートスクレープW型&チップ逆V字に削る努力をしたが同じようにはできません。チップの逆V字が綺麗にカットできていない。チップと真ん中との境目段差は少ないが、チップが逆U字になってしまう。でも息の通りは良い。リードが湿っている時に左側へナイフを入れたので、欠けてしまいミスした。練習用には問題ない。7本目で自作した作品。S楽器店のKさんによれば30本くらい作ったら、少しはましな作品ができるらしいが。。

3

[アマゾンなどから購入]

Glotan2

左側:評判がよさそうなJDR-T ショートスクレープを試しにオンライン通販購入した。チップの形状は一応逆V字、しかし全体が薄くてピヤー、購入後即、お蔵入りでした。こういうことがあったので、通販で完成品を3,000円出費して買う気がしなくなった。

真ん中:グロタンのMediumショートスクレープ.アマゾンから購入。チップ形状は適当で意味なし。74mmと長いのでピッチが低い。先生はこれを見て絶対買ってはいけないと、即時ダメだしだった。

右側:ラボーズのロングスクレープ、アマゾンから購入。チップの形状は適当に削ってある感じ、これもピャー、先生は買ってはダメと即、アウト。

先生いわく、市販完成品の90%はダメらしい。

;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 クラシックブログ オーボエへ
にほんブログ村

明善高校同窓会へ出席

10月6日(土曜日)

オーボエを始めたことが影響したのか、昔を思い出し、今から45年前に卒業した福岡県立明善高校の同窓会に出席した。

10/4(木曜) ANAのマイレージ12,000ポイントを利用して特典航空券で伊丹空港から福岡空港へ。特典のせいか?機体はボンバルディアのプロペラ機でしたが、福岡空港まで揺れずに快適旅行。福岡空港から高速バスで行き久留米市の実家へ泊まる。

10/6(土曜日)は午後2時から大同窓会、出席者は1,000人くらい?卒業年次ごとにテーブルが分かれています。ビールと簡単な料理 、2時間ほどで終わり。

Photo

久留米市にある、福岡県立明善高校は医者、公務員、会社経営など比較的裕福な家庭が多かった。私は私事ながら、母親が高校1年の秋になくなり、そのためか、親父の商売も次第に傾いてきた。そこで高校を中退して働けとか親父に言われたが、中退は拒否。多感な青春時代の中、お金も乏しく、大体1日2食で食べ物といえば素うどん主体の生活だった。着る白シャツもないから、夏でも黒の学生服を着ていた。節約したお金で受験用の参考書を買って大学受験の勉強をしていた。しかしながら、裕福な家庭の子女を見て、他人をねたむということはかつて一度もなかったし、今でもない。

45年振りに同窓会に出席しようと思い立ったが、そもそも案内のハガキがこない。さーてどうしたものかと考え、当時裕福な家庭の社長の息子は今はあとを継いで社長だろうと予想を立てて、ネットで名前を検索した。苦労したが、ようやくある社長の御曹司を発見、今はロータリークラブの会長。そこでクラブ事務局へ電話して、受付女性に事情を話したら、ご本人へ連絡とっていただき、すぐにご本人から私の携帯へ返事ありました。私の住所を言って、同窓会の幹事さんへ連絡してもらいました。これにて案内のハガキが私の自宅へ届くことになりました。高校当時親切だった彼は今でも温厚親切な紳士でした。私は長らく行方不明になっていたらしい。お世話になり、ありがとうございました。九州の人は温かい。

さて、大同窓会の次は昭和42年の卒業生だけで、場所を変えて午後6時から42期同窓会。卒業生は同学年で300人ほどいたが出席者は20人ほどだった。

42年卒の判明している人たちの住所録をもらった。これだけでも同窓会へ行った値打ちがありました。お世話になった人へお礼、昔話で歓談。楽しい一日でした。

来年も行きましょう

;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

デジタル・チューナー・メトロノーム買いました

KORG製 デジタル・チューナー・メトロノーム(KORG TM-40)をアマゾンから購入した。ヤマハ製は高いから買わない。値段が高い理由はパテントの関係でヤマハの店で売るためにわざわざOEMしてるのだそうな。したがって中身は同じらしい。なんとまあ。

デジタル・チューナーは最高です、お勧め商品です。
自分のオーボエ音程の悪いところがはっきりして、目標が明確になる。
中音G 高音G,E=高い
中音H, 高音F,A,H=低い

中音C# 相変わらず押さえにくい H-C#へいくときしばしば失敗する。ポイントは右手の人指し指、中指、薬指を下管のホールに接近させておく、1mm-2mmの距離に接近させておくと、うまくいくようだ。あまり接近させるとF#キーに当たるので注意。このあたり運指の細かいところは先生に尋ねても「個人差があるので。。。」という感じであまり明快ではないから、自分の頭で考えている。

アンブシュアについて、少し改良した。口笛を吹く形とまでいかないにしても、あごはあまり引かずに、唇を少し真ん中に寄せて、やや口笛を吹く気持ちで、吹くようにした。そうすると音がややまろやかになり、下のF,E,D,Cがあまりピーピーいわずに楽にできる。最初のころ、本に書いてあったこの形で試したが音が裏返ったのであきらめていた。しかし、今やると裏返らない。口笛を吹く形も程度が問題なのだろう。この方法は本などにも書いてあるしもう少し、この口笛の形を練習して研究する。

10/6(土曜)高校の昭和42年卒業同窓会出席のため、九州福岡の実家に滞在している、遠慮しながら実家の2階でオーボエ練習してる毎日。



;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 クラシックブログ オーボエへ
にほんブログ村

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »