Google Translator

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理人の定年後の友としてFXのブログは別途ここに

brogu mura

神戸の天気

最近のトラックバック

メールフォーム

  • メールフォーム

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の4件の記事

オーボエ個人レッスン #1

7/26(木曜) 16:00pm 新幹線西明石駅近くのレンタルスタジオにてレッスン

自分の課題について先生の意見:

1.右手親指が痛い点:

(先生) サムレストは良い方法。無理をしないで自分のペースで練習すること。机の上で指を立てて鍛えるのではなく、握ったり開いたりして握力を鍛えるようにしたほうがよい。(思うに、下のFを人差し指、中指、薬指で押さえるとき、ホールを必死で押さえるため相当な力を右手親指で加えている。オーボエの下管はホール間隔が広いので右手を広げる必要がある。このことが原因のひとつではないか?)

サムレストの写真(装着前と装着後)

20120728thumrestcompairison

右手親指が痛いことへの対策はこの後にも記事あり

① 8/4 記事 F#キーの押さえる位置を修正した

② 8/21 記事 伸縮式ストラップを購入した 

2.唇(アンブシュア):

(先生)リードだけを吹く時、手で持たなければ、息の圧力でリードが飛ぶのは普通のこと。手で持ってピーピー鳴らしてよい。

(私)上唇の裏側に息がたまり、口がバテて上唇が前方へ開く

(先生)今はバテたら休むしかない。むしろ見た感じでは、下唇の裏側に息がたまる様子だ。下唇のスグ下は引き締めるべし。(おそらく、リードを咥える際に今よりも口をすぼめてとがらせるようにして、リードを咥えるようにするべきと私はその原因を推測したのですが)

(私) 鼻の下の筋肉で上唇に力を加えるという話も聞くがそれはどうか?

(先生) それはだめ、他人がやってよいという方法が全て自分に合致するということではない。

(私)下顎の筋肉で下唇を下に引っ張るのはどうか?

(先生)それはだめ、顎の筋肉に力を入れないこと

3.運指:

(私) 低音C - C#の運指

(先生)右手小指をずらす方法しかない。(先生は滑らかに小指でCからC#キーを移動します。。驚きました、凄い技です)

4.その他の指摘事項:

クラリネットの癖が出る。オーボエをもっと前へ突き出すことそれと視線は下げないで前方を見るべし。リードは数本をローテーションして使うべし。ローテーションの方法は1日単位ではなく10分吹いたら別のリードを吹くということ。手持ち在庫のリードを1日1回はピーっと鳴らすべし。

5.先生手製の完成品リード:

4通りほど作ってきてもらいました。吹いてびっくり、ショートスクレープですが楽にでます。ケーンが柔らかくて、ふんわりした感じ。先端もカットが綺麗。このあと自宅で翌日吹くとあまりよくなかった。翌々日に吹くと調子がよい、リードって不思議です。

アマゾンで買った、グロタンもラボーズもチップ先端が最初からギザギザです、使えないという先生の指摘はそのとおりです。私は本物を知らないから。3本先生から買いました。

リードケースに格納しましたが、番号でも振らないとどれがどれか識別が難しいな。。。状態にもよるし、先生は吹いて判断するべしと。

6.次回までの宿題:

①音階はD-DURの練習(これまではCしかやってませんから)C#-Dのキーが難しい

②エチュードを少し練習

③ポピュラー曲で「千の風にのって」をこれから勉強

以上、先生から譜面をもらいました。

譜面をもらったのは良いが、右手親指が痛くてどこまで練習できるか分かりません。まぁ、私はプロになるわけじゃないですから、楽しかったらそれでよし。

個人レッスンはいいですね。独学ではオーボエはうまくなれないと思いました。

;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 クラシックブログ オーボエへ
にほんブログ村

オーボエ練習1ヶ月目の課題

 

右手親指が痛い:

練習を始めて2週間くらいして、右手親指の関節が痛くて楽器を持てなくなった。10分も持つと右手親指が痛い。左手だけで練習。そこで、薬局でテーピングテープを購入して右手親指をぐるぐる巻きしてやる。それでも痛いのでネットを検索して、クラリネット用サムレスト(ゴム製で500円程度)を発見購入した。サムレストとテーピングをして右親指でオーボエを支えるがそれでも15分が限度。こうなれば右手の指を鍛えるしかない!!年齢のせいで多分、指の力が衰えている。鍛え方は親指関節をぐるぐる回す。机の上で右手全体に力を入れて指を立てる。。

唇(アンブシュア):

右手親指が痛くて楽器をもてない。リードだけピーピー吹いて練習。リードを手で持って吹くと飛んでいかないが、手を放すと息の圧力でリードが前へ吹き飛ぶ。原因は唇の力がない。口全体がバテる。口周りの筋肉の使い方はどうする?下顎あたりの筋肉に力を入れるのか?上の鼻の下の筋肉にも上から力を入れるのか?分からないから先生に今度聞く。

運指:

低音c-c#の連続はどうするのかな、右手小指をずらすなんて、できないですね。替え指がないのだろうか?今度先生に聞く。

購入したもの:

①リードケース(中管 OB-10 10 本用、4,200円 下記写真) リードケースが、合計4個になった(ヤマハ純正3本用、リコーバイタライザ5本用、中管10本用とパトリコラオリジナル3本用) うーーん 衝動買いです。でもこの10本用がもっとも使いやすい。取り出すときにフックを立てる方式で差し込みも力が要らない。最初からこれだけ買えばよかったです。

20120726reedcase

②ゴム製サム・レスト(500円くらい)(ヤマハとBGと各1個購入) 

③「うまくなろう!オーボエ」(茂木大輔著作) この本は有名みたいです、リードの作り方も書いてあるし、リードのくわえ方(アンブシュア)の説明が分かりやすくて特によい。大変良い本だと思います。

;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 クラシックブログ オーボエへ
にほんブログ村

オーボエ無料体験レッスン

7/10(火曜) 16:00pmから1時間無料体験個人レッスン、場所はレンタルのスタジオ、スタジオ借り賃は私の負担、スタジオを借りる際には3人分で予約するのが、この世界のルールらしい。帰るときに1時間一人500円x 3人で支払いした。

先生の指摘:

完成品リード:

アマゾンで買ったラボーズのリードはロングスクレープのリードで、これをずっと吹いていると、ショートスクレープのリードが吹けなくなるので、やめるべしとの指摘。私が持っている他のグロタンのリード(MとS)もだめ、使えないと。そもそも、完成品リードの90%はだめだとも。そこで先生手持ちの固めのリードをその場で少し削ってもらい、1個無料でもらった。無料の理由は先端が少し欠けているから。固めのリードに息の圧力で吹かないとだめだと。もらったリードで、2小節も吹くと私も頭がクラクラしてきました。

リードのくわえ方:

口を丸く突き出して、リードを口にくわえて、上唇はかぶせる程度。力はあまり加えないこと。

楽器の持ち方:

クラリネットの悪い癖がでているとのこと。楽器を手前に引くのではなく、もっと上に差し上げる。脇は閉じないで開く。上半身に力を入れない、両足はやや開き加減で立つ。

運指:

下のC D E F E D Cで右指の練習をすること。指がずれてうまくホールをふさいでくれませんね。

ーーなかなか難しいです。。。

それと、先生に私が個人輸入したパトリコラを吹いてもらったら、大変調子がよくて全く問題のないオーボエであると確認してもらいました。安心しました。

正式に入会して毎月2回個人レッスン(1時間4千円)を受けるように手続きを進めることにした。

;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 クラシックブログ オーボエへ
にほんブログ村

オーボエ購入から1週間

Patricolaのオーボエを2,500ドルで個人輸入してから、1週間たちました。
細かいものを色々購入、全部で2万円くらいです。

グロタン リード medium x 1
グロタン リード soft x 1
ラボーズ  リード medium soft  x 1
ヤマハリードケース(3本用) ,ヤマハ お手入れセット、リコーリードケース(5本用)
リード掃除用子羽根、コルクグリススティック(1本)

リードはどれがよいか分からないので、手っ取り早く完成品をアマゾンから入手。

それから

個人レッスンをネットで探して見つけた。

希望は来週で、「無料体験個人レッスン」に申し込んだ。それが済んだら、有料の個人レッスンを1ヶ月1回ほど習うつもり、個人レッスンは1時間4千円。それにスタジオレンタル料が必要

一応音はでるのですが、15分もオーボエを吹くと、上唇の裏側が痛いです。上唇の裏側に上の前歯2本が当たる。裏側に歯があたるのは人生で初めてだから、痛くもなるでしょう。下唇の裏側は昔クラリネットしていたときは痛かったが、今回はあまり痛くない。下唇の裏側は初めてではないから唇が慣れているのかもしれない。

上唇が痛くても、正しい吹きかたであれば我慢しますが、自分の吹きかたが正しいかどうか自分では分からない。先生について習うべしということです。

;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 クラシックブログ オーボエへ
にほんブログ村

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »