Google Translator

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理人の定年後の友としてFXのブログは別途ここに

brogu mura

神戸の天気

最近のトラックバック

メールフォーム

  • メールフォーム

カテゴリー「■ バンコク滞在(2011年6月-7月)」の7件の記事

帰国準備と帰国(7/18-7/23)

7/18(月曜) :

バンコク滞在もあと残すところ4日になった。オミヤゲはバンコクらしそうな綺麗な女物のサンダルをセントラルデパートで買った。トランクのスペースはあるから、箱ごと格納してみるつもりだ。

7/23(土曜):

バンコク発の7/23(土曜)深夜便は満員で眠れなかった。翌日の朝、関空に着陸して飛行機から降りると、いやー。。日本は空気が美味しい。思い切り深呼吸した。私の自宅は海の近くでさらに空気が美味しい。バンコクでは咳に悩まされたので、日本の空気の美味しさに感激した。自宅へ帰るとシャワーをして、グーグー寝た。次回、タイに行くときはもっと空気のよい地域に滞在することにしよう。

感想:今回は咳に悩まされました。次回は季節を考えること、バンコク市内は空気が悪いので余り長いのはよくないので再検討する。バンコクではFXをしていたので退屈することはなかった。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

咳が原因でバンコクで病院へ行く( 7/11-7/16)

余りに咳がとまらないので、

今週7/11(月曜日)午後 ホテル近くにあるbangkok christian hospital(バンコククリスチャン病院)へ行き、医師の診察を受けた。熱はない。医師の診察を受けて、抗生物質 1週間分、咳止め、痰抑制剤、などをもらってホテルへ帰る。

費用は全部で1,074バーツ(3千円程度)だが全部海外旅行障害保険で支払いを済ませるものの、病院からバンコくのAIUへ連絡すると1時間くらい承認に時間がかかった、この日は患者が多くてAIUの担当者がきりきり舞だったそうで、あとで私に謝っておいてくれと言付けがあったそうです。もらった薬は下記。要は抗生物質と咳止めおよび喉あめみたいなもの

for soar throut  Sigatrcin (シガトルシン)- an oral disinfextion(日本のトローチと同じ)

for cough Romilar (ロミラー) dextrometrophan hydrobromide 15mg every 8 hours(咳止め、デクストロメトルファン)8時間ごと

for allergic (アレルギー)condition at bet time1 tablet--Fatec  certirizine Dihydrochoiride 10 mg

after breakfast for cough and phlegm - Mucosolvan (ムコソルバン)PL 75mg 3 錠 痰抑制剤

after breakfast and dinner -CLARIthromycin 500 mg(CLARON クラロン)  14 錠(抗生物質) -for infection ,take until finished

5日間経過してようやく改善したようだ。6/23以来だから約1ヶ月近くかかった。原因はバンコク市内の排気ガスなどによる空気汚染だと思うので、外出時は薬局で購入したマスクをすることで悪化を防いでいた。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコクとマレーシアを往復(7/9-7/10)

7/9-10の2日間、マレーシア、クアラルンプールを往復。KLは市内のインターコンチネンタルに宿泊したが、大規模なデモに遭遇。騎馬警官(下記の携帯写真)の珍しい姿を見た。あとで新聞をみると野党勢力による5年ぶりのデモで公正な選挙も求めるものだったとの由。7/9は外出はしないで部屋にいることにした。

20110709kl

7/10 バンコク、スワンナプーム空港で、2ヶ月目のビザスタンプを貰った。ただし、見たら29日間だった。これは恐らくイミグレのスタンプの押しそこないだと思うが、クレームが通じる相手ではないから、あきらめる。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコクで加湿器を探した(7/6-7/7)

7/4(月曜)からバンコク市内で「加湿器」を探した。セントラルデパート、伊勢丹、ロビンソンデパート、パワーバイと大きいところに探しに行ったが、全く店頭にありません。売っていません。

さらに手を尽くして、7/6 たまたま、地元の小さな商店で幸運にも見つけた「超音波加湿器」が下の写真。象の形をした中国製。

Photo

超音波式は発熱しないが、余り湿気が強いと逆に体調が悪くなるということで、日本では販売されていないらしい。

ホテルの部屋へ帰り、水は冷蔵庫から「飲料用の水」を取り出して入れた。日本なら水道水でもよかろうが、ここはバンコクだ。用心するべし。就寝前には近くのコンビニで1.5リッターの飲料水を買ってきて、補充することにした。

7/7(木曜)

設置してから2日経過、ホテルの部屋のエアコンを稼動させても、咳が収まってきた。薬で改善したこともあるだろうが、「加湿器」の効果も大きいと思う。

喉を滑らかにするために例のラマ4世通りのチュラ薬局で「strepsils cool(ストレプシル・クール)」というものを購入、一日2回ほどなめることにした。そして、外出時の「マスク」も購入した。

しかし、日本の自宅では「空気清浄機」を設置した中で生活しており、それが当たり前であったわけだが、

ここバンコクはとにかく空気が悪い、ひ弱な日本人の年寄りにはバンコク長期滞在は難しいということでしょう。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコクでの咳がとまらない(6/23-7/5)

タイ国バンコクへ6/11(土曜)に来てから、ほぼ毎日夜はビールを飲んでいた。就寝の際はエアコンを切っていましたが、2週間くらい経過した6/23(木曜) 咳がでるようになった。熱はない。体温は概ね36度で平熱。

実は、バンコクに出発する1週間前に喉が痛くなって医者からヘルペスの可能性ありということで4日間、ウイルス抑制剤などを飲んで一応治っていた、そこで再発を疑って余っていた薬を2回のんだ

6/23(木曜):

プレドニン(predonine)5mg ロキソニン(Loxonin)60mg レバミピド100mg--これは日本で貰って余っていた薬。炎症を抑えるプレドニンは副腎皮質系であるし、体温も36度だから2回のんですぐやめた。水でうがいすることにした。

6/27(月曜) :

3日経っても改善しないので、ラマ4世通りの薬屋(Chula BHESAJ)へ行き、パブロン(Pabron cough) -(咳止め エフェドリン系)を購入して2日間飲んだが、咳が相変わらずでる。咳のため頭や体の節々が痛くなる。体温は36度で平熱

6/29(水曜) :

同じ薬屋へ行き、症状を説明し、違う薬を購入。アシネット(acinet) 100mg(ペニシリン系の抗生物質)ミューコフラックス(mucoflux)痰の抑制 ,デクストロ(dextro)咳止め。この3種類を5日分購入して朝晩飲んだ。夜になると体温36.9 朝は36.2度ーこの範囲なら熱があるということでもない。

自分で思うに、最初は日本で診断されたヘルペスかと思ったが、熱はない、エアコンをつけると咳がでるが、エアコンを切ると少し改善する。日本の梅雨は湿気がひどいがバンコクは元々が乾燥している。おまけに排気ガスなどで空気も悪い地域であることを思い出した。今頃思い出すのがうかつなのだが、咳の原因はバンコクの乾燥に加えてエアコン運転による「空気乾燥」ではないかと思った。暑いのを我慢してエアコンをつけない、購入してきたマスクをする。水をたくさん飲んで、喉を湿らせておく

7/4(月曜):

先週からの抗生物質などを飲んで5日かかってだいぶよくなってきた、連続服用は余りよくないと思うので、この日から薬は止める。うがいだけにする。しかし、少し食欲減退。

7/5(火曜) :

うがいだけだが、エアコンをつけると少し喉がいたい。すぐに水を飲む。これはやはり空気乾燥が原因ではないかと思うので、「加湿器」が売っていないか探すことにする。7/4(月曜)の昼から実は探しているのだが、これが売っていない。

いざとなれば、日本に帰国すればよいのですが。熱はないし。。30日間のビザ更新の時期も近づいているし。。。悩みます。なかなか咳が直りません

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコクへ2回目の長期滞在 その2 (6/20-26)

6/20(月曜)

日曜日の夜に、飲み過ぎで遅く起きたからホテルの朝食を食べ損ねた。そこで近くにある「サリカフェ」でタイ式クイティオの朝食が170バーツ(500円) そして昼も夜もこの「さりかふぇ」で食べた。この「さりかふぇ」は日本料理が美味しい、タイ料理もあるし、勿論ミルクシェークなどもある非常に便利なカフェです。料理はボリュームがあり安いから日本人の溜まり場みたいになっている。この店のコストパフォーマンスが良い理由はビルがオーナーの持ち物だから賃貸料を払う必要がないかららしい。夜はタケシのテレビたっくるを見たかったので、クラブにビールを飲みに行くのはやめて、部屋でネットテレビを見た。でもこの日の放送はあんまり面白くなかった。タイ国バンコクに来てから、9日間が過ぎました。

6/21(火曜):

ホテルの近くにある「サリカフェ」へ行きますと、さりかふぇのタイ人社長もいるし、「たにやぷらざ」ビルオーナーの日本人おばあちゃんもいました。

これらの人々は「大金持ち」です。

タイ国の大金持ちはケタ違いに大金持ちです。その理由のひとつに、私は「相続税」の問題があると思います。

テレビでも放送していたから、皆様すでにご存知だと思いますが、タイ国では「相続税」がゼロです、全くありません。だから本人が死んだあと、配偶者・子供が資産を承継しても税金を払うことはありません。一度資産が形成されると、子孫は事業を拡大したりしてさらにかねもちになって行くわけです。

ところが日本では一定の基礎控除額「一人5千万円+(法定廷相続人数X1千万円」)を除いたあとに相続税がかかります。率は色々ですが大雑把に言えば50%です。これは一応世界最高の率です。

この違いによって、日本ではスーパー金持ちはいなくなっていると思う。相続税は嫉妬の税制であり、お金持ちへの懲罰的な要素を持っています。このことは日本は自由主義の国ではなく社会主義の国であることを端的に示しています。

「相続税」はもともとは日露戦争の戦費調達のために設定された法律でしたが、第二次大戦後にも残った法律です。

日本では太平洋戦争を戦うための国家総動員体制目的で社会主義的法律が制定されました。それが戦後65年経過してもまだ生きているわけです。

相続税の話に戻りますが、生きているうちに所得税を払ったうえに、子孫に引き継ぐときにさらに 税金を払うというのは問題だという考えがあります。相続税がなければ数代にわたって資産を形成するという考えも生まれてくるのではないかと。自己資金が潤沢にあれば銀行から借りずに自分で事業を興すことができるし、そこで新規雇用も生まれるというわけです。

世界を見ると、ニュージランド、オーストラリア、スイスなどは相続税がないと聞きます。これらの国は日本人からみると豊かそうに見えますね。。

6/24(金曜):

日本人クラブをはしごしてビールを飲んでました。クラブでビールは割高なのですが、ビールが好きなので。しかしもう飲み疲れ。私も30歳代は休日は昼からビールを大瓶で10本くらい飲んでましたが、最近は小瓶で6本くらいかなぁ。。。私も体力が落ちました。

6/25(土曜):

木曜日の夜から咳がコンコンとでるようになりました。日本でもらって残っていたプレドニン錠を飲んだが、よくならないし、ステロイド剤だから2回飲んですぐ止めた。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコクへ2回目の長期滞在 その1 (6/11-19)

2011年6月11日(土曜日):

午前:TG便で関空から出発、今回はFXをバンコクでもやるので、ノートパソコンを2台(エプソン13インチと10インチ)を持っていく。携帯電話はiphoneとモトローラv66という昔購入して現地用にしようしているものの2台。午後:タイ国バンコクに到着して、空港から車で市内へ向かい、ホテルへチェックイン。モトローラv66現地用携帯電話のためのシムチップは以前のものが有効期限切れになっているので、150tbhで新しいシムチップ購入した。通話は1分1tbhのもの。これで45日間持つかな。。。

次に、ホテルの無線lan接続のためにホテルのフロントに申し出てパスワード取得する。それからエプソンのノートパソコンから無線LAN接続、iPhone-4にも無線接続と月曜日からのFX実践に向けて環境整備で忙しかったです。バンコクの無線lanは1mbだから速度は速くはない。難点はホテルの室内は証明が暗いからパソコンしにくい。

夕食後、タニヤの日本人クラブをはしごしてビールで酔っ払い

6/13(月曜):

バンコク滞在3日目、ホテルの枕が固いので、首が痛い。そのため2日連続で古式マッサージで揉んでもらった。少しは改善したが、対策としてバスタオルを折りたたんで低い枕を作って寝ることにした。

6/14(火曜):

バンコクは日本と時差が2時間。日本が午前6時のときはバンコクは午前4時。そのためfxの朝スキャル開始時間にはだいたい寝ていることになる。日本で慣れ親しんだマーケット時間をフォローするために、日本から持参してきたノートパソコンの設定時間は日本時間のままにしている。しかし、全体的に、体で感じる時間の感覚がずれてしまっており、なんとなくぎこちない。

6/15(水曜):

ハイネケンの小瓶を2本飲みながら近くのレストランでトムヤムクンとご飯で夕食をとったあと、部屋へ戻ると眠たくなって寝てしまった。また太るなぁ。。。バンコクにいるときは外出する機会が多いのでFXはロットを下げて、放置できるような体制にはしているのだが、一部に考えが甘かったものもある

6/16(木曜):

夕方から合計でハイネケンを小瓶で7本くらい飲んだかなぁ。。バンコクではハイネケンが美味しい。日本人クラブにビールを飲みに行っては合間を見て部屋に帰って、トレードをチェックするという感じでやってます。1時間600バーツ飲み放題で呼び込みしているクラブはタイ製ビールであまり美味しくない。けれども安いからまあまあ

6/17(金曜)

またタニヤの日本人クラブをハシゴしました。部屋へ戻ってパソコンを見るとFXのEA達がしっかり仕事をしていたのを確認して、寝てしまいました。ビールの飲みすぎです。土曜日はトレードがないし暇だから、BTSに乗ってエンポリアムへ行き映画を観ようと思います。映画が好きだからバンコク滞在中でもちょくちょく観ます。朝ホテルのフロントで英字新聞を見ても映画の広告がないのでネットで調べることにします

6/18(土曜)

BTSサラデーン駅からエンポリアムへ行って映画を見ましたが、そこでコインを入れた巾着をなくしてしまいました。中身のコインよりも巾着の方が高いし気にっていたものなのでくやしいです。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村