Google Translator

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

管理人の定年後の友としてFXのブログは別途ここに

brogu mura

神戸の天気

最近のトラックバック

メールフォーム

  • メールフォーム

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の21件の記事

バンコク生活:シロム通りのバンコク銀行本店に爆発物が投げ込まれた

バンコクのテレビなど報道によれば

2月27日(金曜日) 午後10時30分ごろ、

市内中心部シロム通り(Silom Road)のバンコク銀行(Bangkok Bank)本店に向け爆発物が投げ込まれ、ガラスやタクシー車両、電話ボックス等が損壊した。

初期報道段階では人的被害は確認されていない。一部報道によると、バイクに乗った2人組が本店に向け爆発物を投げ込んだ模様。

また、前後して同銀行のラーマ2世通り支店に向け爆発物が投げ込まれたが、こちらは不発に終わった模様。

バンコク銀行はタクシン元首相を駆逐した2006年の軍事クーデターを指示したとされる人物に関係があるとして、去る2月19日も「赤服」が抗議集会を行ったばかり。

。。。タクシン元首相の最高裁判決がでたあと、だんだんきな臭くなってきた。。。。3月は色々事件が起こるかも。。。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコク生活:2/28は万仏祭(ワンマカブーチャ:Makha Bucha day)

明日 2月28日(日曜日)は万仏祭(ワン・マカブーチャ:Makha Bucha day) お釈迦様の説教を聞きに1250名の使徒が集まったことを記念する仏教の祝日です。

2月の満月の日にあたるため、毎年、日付が変わります。

仏教の祝日ゆえ禁酒です!タニアのクラブは店によって多少差があるかもしれませんが、オープンする店は多分少しだけでしょう。オープンしていても、コーヒー、お茶、水しか出ません。コンビニも明日はビールの販売禁止です。欲しい人は今日中に買って冷蔵庫に入れておきましょう。

関連して、3月1日(月曜日)は万仏祭の振り替え休日で会社、銀行はお休みです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

日本社会で思うけじめと社会の規範

日本のコンビニエンス・ストアに行きますと、成人向けの雑誌やxx解禁グラビアを掲載した週刊誌がたくさん陳列されています。最近でこそ、雑誌をセロテープで止めて、中味は見れないようになりましたが、以前は中高生でも簡単に見ることが可能でした。しかし雑誌の外側は剥き出しのため、誰でも雑誌の表紙は目にすることが可能。

私も嫌いな方ではないけれど、これを見てどうにかならないものかと思うのです。世の中に「けじめ」がないなぁ。。と思います。

表現の自由に名を借りた売らんがための業界の姿勢、それに対して毅然とした態度をとれない為政者たち。1980年代以降、日本国内の左翼運動が下火になった頃、成人雑誌が一部左翼の生活の糧になっていた時期があり、その名残が今でもあるという事でしょうか?

こういうことを言うと、ブーイングが来るかもしれませんし、ここで咆えてもどうにもなりませんが、私は、「成人向け雑誌やxx解禁グラビアを掲載した週刊誌」はコンビニの陳列棚から撤去して、店のカウンターの中にでも保管して、お客さんの求めに応じて売るという「対面販売」するべきだと思う。こうすることによって、中高生も許される事、許されない事が分かり「社会のけじめ、社会の規範」を身をもって理解することが出来る大切な教育だと思う。

こんなことを論議するよりもっと大事なことがあると大勢の方がおっしゃるでしょう。しかし、こんな事実が1945年太平洋戦争の敗戦後65年間、積もり積もって今のガラパゴス化した日本社会が出来上がっていると思う訳です。

タバコもそうです。自動販売機に年齢確認カードを入れて買うとか利権争いみたいな事は止めて、対面販売一本にするべきです。自動販売機が減れば省エネ効果があります。自動販売機の生産を減らしたら製造メーカーが困るという人もいるでしょうが、何事もトレードオフ(Trade off)の関係です。すべての関係者が一様に利益を得ることはできないものです。

アメリカは成人向け雑誌はすでに対面販売でした。20年前に業務出張でイリノイ(Illinois)州ペオリア(Peoria)に2ヶ月滞在。アメリカの有名な雑誌「プレイボーイ(Playboy)」などは書店の陳列棚にはありません。店員さんに本の名前を言えば、(名前を言うのが恥ずかしい?それを言っては話は始まらない)店のカウンターから出しますので、そこで買うことが可能という仕組みになっていました。アメリカへ行く前はアメリカは性に関して規制が緩やかな国という印象を持っていましたが、成人向け雑誌販売に対してはきちんと対応していているのに感心しました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

ブログランキング・にほんブログへ
にほんブログ村

ご面倒でなければこちらも

人気ブログランキングへ

バンコク生活(2/26):タクシン元首相に1,300億円の資産没収を命じる最高裁判決

タイ国最高裁判所は本日 2/26(金曜日) 夜、タクシン元首相が首相在任中に職権を乱用し自身が関係する企業に利益を誘導し国家に損失をもたらしたと判断し、タクシン元首相の総資産760億バーツ(2,200億円)に対し首相就任前の資産300億バーツ(900億円)を除外した、460億バーツ(1,300億円)及び金利額の国庫没収を命じる判決を下しました。

個人総資産2,200億円とは物凄い金額ですね。日本の鳩山首相とどっちが多いでしょうか?

面白いのは、テレビで実況放送をすること!しかも日本と違って(日本は午前10時開廷)夕方5時くらいから裁判が始まるのですね。テレビが特番を組んで、冒頭の法廷シーンを映像で流し、あと法廷での口頭弁論の音声を最初から最後まで実況放送!これは面白いです。ひまな人は皆テレビ見てます。テレビ音声はFM電波ですからFMラジオから車の中で聞くことがもできます。

悪口を言えば裁判ショーかもしれませんが、日本でも政治的に重要な裁判はタイ国と同じように、テレビで音声を実況放送すれば、驚異的な視聴率を稼ぐ事でしょう。すごい開かれた情報公開になったりして。

一方、タニア通りの様子は?

花の金曜日だと言うのに、日本人のお客さんが少ない、weepパラパラです。何か事件が起こったらまずいということで、駐在員の皆さんも夕食を済ませたら自宅に帰ったようです。おまけに、観光客も少ないです。どうしたことでしょうか?タイ人のうわさでは、もしタクシン元首相の総資産2,200億円全額没収なんて判決がでたら、今日の夜、事件が起こる可能性高いけれど、半分没収とかだったらスリウォン通りは何も起こらないさ、と言っていました。スリウォン通りの車も渋滞が発生することなく、珍しくすいすい走っています。happy01

関連して、すでに、他のサイトに紹介されていますが、在バンコク日本大使館から2/26(金) 21時、在留邦人宛てに概要下記の電子メールが発信されました、。

「反独裁民主主義同盟(ブログ管理人注:赤服)は、アピシット政権の退陣・国会解散等を求め、3月12日(金)から地方各地で集会を行い、その後、バンコクに集結し、14日(日)から王宮前広場(サナーム・ルアン)及び首相府付近において、大規模集会を行う旨発表しました。集会の規模については10万人を越え、デモの開催期間は長期間に及ぶとの見方もあり、その際にはデモ行進等が行われる可能性があることから、今後十分な注意を払う必要があります。(以下略)」

バンコクへゴルフにくる日本からのお客さんは1月から急増し、この2月もタニアのクラブは活況を呈していましたが、3月にはゴルフ客も少なくなる上に、集会やデモがあると、またタニア通りもさびしくなるのでしょうか?私の日程は丁度うまい具合に出来ていまして、3月5日に予定通り日本へ帰国します。神戸の気温は今週から最高気温が20℃と暑いほどらしく、今回の日程はラッキーだったかなぁ?

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコク生活(2/22): タイ陸軍射撃場ツアー体験記

一昨日に「タイ陸軍射撃場」でのツアーに今日の午後1時からの予約を入れていましたので、タニア・プラザBTS Wing 2階の「バンコク射撃ツアー」のオフィスへホテルから歩いて行きました。

タニア・プラザBTS Wing 2階

20100222_gunshoot_004

料金は拳銃(Hand gun) 50発 3,000バーツ(9,000円) 及び M16小銃を20発追加が2,000バーツ(6,000円) 。タニアプラザのオフィスでは拳銃の分だけ現金で支払い、M16は現地で申し出て欲しいとのことでした。下記はパンフレット

20100222_gunshooting_annai

迎えの車が来ました。メルセデス・ベンツ280SEL、男性ドライバーがガイドさんです。

20100222_gunshoot_015

車はシロム(Silom)通り、ラーマ(Rama)4世通り、高速道路へ入り、ビブハバディ・ランジット通り(Vibhavadee Rangsit Road)の途中で左へ曲がると、すぐに「タイ陸軍の駐屯地」です。ここまで10分くらいです。陸軍のゲートを通過して中を進むと「射撃場」の建物があります。タイ人若者一人と中年男性二人が応対。建物は大きさ 40m x 40m ぐらい。

今日のツアーは私だけです。机の上には3丁の拳銃。

スミス&ウェッソン(S&W) 38口径レボルバー6連発シングルアクション(アメリカ製) 、多分 Cz75 チェコ製9ミリ自動拳銃 コルト・ガバメント口径45自動拳銃(アメリカ製)

どれか1丁で50発撃つか、それとも分けて撃つかガイドに尋ねられたので、3丁に分けて50発を撃つことにしました。ガイドさんは日本語が上手で説明もうまい。

まず最初は実弾を込めずに、38口径レボルバーで身体の姿勢と拳銃の握り方を習い、空撃ちしします。右手で銃把をしっかり握り、その上に左手を重ねて左の親指で撃鉄を起こす、左の親指は元へ戻す。そして人差し指で引き金を引く。

タイ人の若者が38口径レボルバーに実弾を6発装填して手渡してくれますので、構えて10メートル前方の的に狙いをつけます。実弾はすべて、減装弾です。照準は銃身前方の凸型の照星の中心に後方の凹型照門をあわせる方法です。初心者用かどうか分かりませんが、照星には赤い色が塗ってあり狙い易くなっています。タイ人の若者が横に来て、安全装置のロックをはずします。

一発目を発射、反動がすごい。5cmは銃身が上にホップしたようです。音量にびっくりしました。何せ初めてですからね。打ち上げ花火の音よりもっと大きく感じます。後で弾痕をみたら1発目は的をはずしていました。2発目を発射、今度は右手をしっかり持っていたので、銃身のホップ度合いは少ない。ここで、両耳に防音ヘッドホンを装着し忘れたのにガイドが気がついて持って来ました、残り4発発射、もういちど38口径レボルバーで6発。減装弾といえどもすごい反動です。後方に衝撃があり肩に負担があるのかなと想像していたのですが、それはなく銃身がポーンと上にホップする反動です。

Cz75 チェコ製 9mm 自動拳銃で,10メートル先の同じ的を狙います。今度はレボルバーと異なり、遊挺が後方にスライドし、左手に当たる場合があるため、重ねた左手の親指は右手親指の下にするようにすること、そして、レボルバーと異なり、自動拳銃の場合は左手でしっかり握り、右手は力を入れないように握るという注意を受けて、全弾発射。レボルバーでは感じなかったのですが、弾丸発射時、顔面に風圧を感じます。

コルト・ガバメントも同様に左手の親指を右手の下の回すよう注意して、全弾発射、弾丸発射時、これまでにもまして、顔面に風圧と後方への火薬の飛散を感じます。かなり細かい火薬が散る感じです。後で的をみるとコルト45口径は黒丸の斜め左下へ集中していますから、これが「ガク引き」と思います。やはり重量が一番重かった。

撃ってみて、拳銃の重量は概ね1kg 前後ありますが、どれも握った時バランスがよく、構えた時、ふらふらするようなことはありません。どんな製品にも通じることですが、機能的に優れた製品は重量バランスが優れており、重さを感じさせないものだと実感しました。

以下はyoutube(射撃シーンを含むツアー会社のプロモーション映像)

http://www.youtube.com/watch?v=y2YBn1EFnEw

次は2,000バーツ支払って、アメリカ製M16小銃、口径5.56ミリ、これは減装弾がないので、軍用弾を装填します。照準は前方の照星の3本の棒のうち真ん中を後方の丸いループ型照門の中心に合わせる方法。非常に狙い易いです。構えたら、タイ人若者が銃の安全装置をアンロックします。銃の重量バランスがよく、呼吸による左手のぶれもあまりありません。一発目を発射、防音ヘッドホーンをしていても 「ボーン」というかなりの大音量と反動。後方への反動はほとんどなく、銃身が上にホップする反動です。自分の右肩には何の衝撃もありません。よく言われるような「ガク引き」はありません。銃身は少し上にホップします。全弾発射すると左手に握った銃身が熱くなります。5.56ミリ弾より大きい7.62ミリ弾の小銃ならもっと銃身がホップするでしょうね。

ご承知のように、アメリカ軍のM16自動小銃は口径が5.56ミリと小さいのですが、1960年代のベトナム戦争当時当初の7.62ミリM14小銃に替えて開発されました。一人の兵士が携帯できる弾丸の重量には限度(概ね2kgか)があります。ベトナム前線の要望は携行弾数の増加でした。

従い、口径や1発あたりの火薬の量を落として兵士が腰の弾薬ベルトに携帯できる弾丸数を増加させた訳です。前線の兵士は弾切れの恐怖心からたくさん弾を持っておきたいという心理が働きます。口径が小さくても負傷させて一時的に敵の戦闘力をそげばよいのですから。

射撃が終わって思うに、実際には拳銃でも小銃でも銃身はかなり上にホップし、音量も大きいですから、映画の射撃シーンはほとんど、空砲だということがよく分かりました。

拳銃もM16も両方とも非常に成績優秀で、初体験とは思えないとガイドさんにお褒めを頂きました。ひょっとして射撃の才能があるのかな?下の2枚の写真は的の弾痕

拳銃は50発のうち48発が命中、12発が黒丸の内側

20100222_gunshoot_016kai2

下の的はM16自動小銃は20発のうち、10発が黒丸の内側

25メートルの距離で減装弾ではなく軍用弾ですから、我ながらなかなかのものと感心。

20100222_gunshoot_017kai2

体験記は以上のとおりですが、

20年前にアメリカへ業務出張した際、会社から車で私のアパートまで送ってもらおうとしたとき、周りの皆がその社員の乗用車の中には拳銃が置いてあり、危ないから、乗らないほうがよいと皆が笑って忠告していたのを記憶しています。その会社では、会社に乗ってくる車には皆さん、拳銃は置いていないのが一般的なようでした。多分自宅には置いてあるのでしょうね。持っているかいないかをはっきり公表しない事が抑止力になるという事がよく分かります。

護身用とはいえ、アメリカのように銃が普通に広く存在する社会は大変に恐ろしいものがあります。無いにこしたことはない。しかし、一方では自分自身をいかにして守るかという命題もあるので、難しい問題です。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコク生活:ラピッドシェア(Rapidshare)のパスワードがハッキングされた

スイス(Switzerland)にある世界最大のレンタルサーバー会社のラピッドシェアー(Rapidshare AG)にプレミアム会員で加入して、もう4年ほどになります。この会社とのやりとりはすべて英語になりますから、ハードルは高いのですが、英語圏での汎用性、利便性とセキュリティの高さゆえずっと会員継続しています。Rapidshare AGの会員パスワードはハッカーたちのターゲットになっており、日ごろ注意してきました。

ところが、2/20 (土曜日)Rapidshare から電子メールが入りました。読むと、「最近合計16種類のネットワークからサーバーにアクセスがあり公開ファイルが大量にダウンロードされており、異常と思われる。パスワードが盗まれた可能性があるので会社の方で強制的にパスワードを変更した」という内容でした。逆の意味でラピッドシェアーの IP監視は行き届いています。

そこでログ(Log)を見ると、なんと!毎日、大量にダウンロードされている。1月21日から2月19日までびっしり、誰かが知らない間に使っている!

バンコクに来てから、ラピッドシェアーを開かなかったので、全く気がつきませんでした。1月21日はまだ、デ・アーニー(De Arni)に宿泊していました。そういえば1月中旬ごろから、インターネットのサイトを開くのに、滅茶苦茶、時間がかかっていました。

スパイウェア対策としてAd-Awareも入れて、セキュリティソフトはノートン・インターネット・セキュリティ2010(Norton internet security 2010)を使っていますが、これも突破されたということになるのでしょうね。Norton様は頼りにするしか仕方がないです。スパイウェア対策のAd-Awareは最近落ちぶれたようですから、とりあえずSUPERAntiSpywareに変更します。

ちなみに、不正ダウンロードしたIPアドレスを調べると、全部東ヨーロッパの「ポーランド」でした。

[2010-3-15 追記]

日本へ帰国後このハッカー問題を再検討した。Rar ファイルを全部ダウンロードしないで視聴可能なポーランド製フリーソフトで「Dziobas Rar Player」初期のベータ版を外付けポータブル500GBのハードディスクに入れてバンコクに持ってきていました。そのHDDを時々ノートパソコンに接続したときに中にあるDziobas player exeが悪さをしたのではないかと想定される。

その理由として、帰国後、別のデスクトップパソコンで外付けHDDをスキャンすると、Norton様が「Dziobas player exe」をウィルスと判定(Suspicious ADH)する。しかし、ノートパソコンNA801にも同じNorton様をインストールしておりAuto-protectされているので、解せないのですが。外付けHDDが盲点。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコク生活(2/19):バンコク銀行本店前の赤服デモ隊

シロム通りにあるバンコク銀行(Bangkok Bank)本店前で「赤服」の反独裁民主主義同盟のデモが2月19日 正午から午後4時までの予定で実行された。「赤服」は前政権タクシン派で、2008年暮れにスワンナプーム国際空港を封鎖した「黄服」とは違って、バンコク庶民の間ではまだ「ましだ」と言う人もいる。しかし、実態はどうか。

テレビ・新聞報道によれば不法に国有地を占拠している疑いがあるカオ・ソーイ・ダーオ・ゴルフクラブへの資金提供について問いただすための抗議活動であるとのこと。

私は丁度スリウォン通りの「らあめん亭」に昼食にいくので、すぐ近くのシロム通りまで、ビデオ撮影にカメラを持ってでかけました。警察官もでていますが、シロム通りは車は片側がかろうじて通行できる状態。バンコクのテレビ局のカメラもでてました。

丁度昼時で、バンコク銀行の行員さんなどがたくさん昼食に出てきているところでした。私の撮影途中、オレンジ色のジャケットを着たタイ人男性が何かタイ語で「日本人は。。。」と話かけてきたので、一旦撮影やめて、再度開始したものが、下の動画(46秒)です。あんまり近寄らない方が良いのでしょうけれども。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコク生活(2/17):三井住友国際キャシュカードを初めて利用する

昔、作った三井住友銀行の国際キャシュカード(日本国内兼用)を海外で初めて使いました。

このキャッシュカードで現地通貨を引き出すことができます。バンコクでの引き出し制限額は一日20,000バーツ(60,000円)以内のようです。「(バーツでの引き出し金額 x Visaカード設定レート)+5%+手数料150バーツ+100円=日本の普通預金口座引き落とし」で出金できます。Visa が手数料5%もとりますからそれなりに高い。「Plus」のマークがあるATMで利用可能。

キャッシュカードがATMに飲み込まれるという事故を防ぐために、可能な限り、「JTBトラベルデスク」が開いているバンコク時間の午後5時30分までに処理してくれと聞いてはいましたが、都合により少し時間が遅くなりました。ホテルから最も近い「サイアム商業銀行(Siam Commercial Bank)」の「Plus」マークのある24時間ATMに、夕方6時(日本時間午後8時)ごろ行って操作しました。

国際キャッシュカードを挿入して言語は日本語を選択し、OKボタンを押すと、「PIN コード入力画面」が出て来ないで、すぐに引き出しの画面が出てきます。先へ進んでも、コミュニケーションエラーと表示!結局は引き出しするのを諦め!

ひょっとしたら磁気の劣化かもと思いましたが、好奇心も手伝い、折角だから、よし!と、ここは「バンコク銀行」だ!と考えて、少し離れている「バンコク銀行(Bangkok Bank)」の24時間ATMへ歩いて行きます。

ここも勿論「Plus」マークがあり、外観上は先ほどのATMと何ら変わるところはありません。まずATMのスロットに国際キャッシュカードを挿入します。そして「OK」ボタンを押すと、英語と日本語・中国語・タイ語のいずれかを選択せよという画面。英語を選択。今度は「PIN コード」を入力せよという画面。あとはSAVING(普通預金)、WITHDRAWAL(引き出し)と進み、タイバーツ現金と明細書が出てきて、キャッシュカードを取れば全て完了。2分もかからない早業。要はPINコード入力の画面がでるかどうかが分かれ目。バンコク銀行のATMは認識するから、キャッシュカードの磁気が劣化したということが理由ではないと思います。一方、サイアム商業銀行のATMはカードを認識しないのですが、なぜ認識しないのか理由は不明。

やっぱりバンコク銀行(Bangkok Bank)のシステムが優っているという事なのでしょうね。

参考にした、ATMの操作方法(海外ATMの使い方 徹底ガイド)

http://www.visa-news.jp/cu/atm_info.html

[2/19 追記] バンコクJTBトラベルデスクに電話をして、サイアム商業銀行のATMでは利用不可であった理由を尋ねました。回答は「ATMの故障と考えられます。故障はかなり多いようです。」

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコク生活:いいちこ

このごろ、外へ行くと暑いから、タイ製「Leo Beer」の小瓶をコンビニで買ってきて、それから日本製焼酎「いいちこ」を部屋で飲むというパターン。「いいちこ」ですけれど「タニア・スピリット(Thania Spirit)」というタニア通りにある酒屋で200cc小瓶が棚に陳列されていたので、購入。360バーツ(1,000円)。次の日に店に行って大瓶はないのかな?と聞いたら、ハンサムな店の息子さんが店の奥にある箱の中から大瓶を持って来ました。この店のタイ人の奥さんは60歳代ですが大変に上品でな方です。だから息子も男前。「いいちこ」大瓶720ccが 980バーツ(3,000円)。おっ、オンザロックにするからアイスが要るな。コンビニで氷を一袋買う、12バーツ(36円)、なにせ、ホテルの冷蔵庫は小さいから。昔の話ですが、日本で近所の人が子供が熱を出したからと、氷を分けてくれと来ていたことを思い出しました。バンコクは本当に便利なところです。

「いいちこ」とアイス

20100215

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコク生活(2/13):タニア通りの中国正月風景

「にほんブログ村」と「人気ブログランキング」に参加しましたので、それを機にブログのデザインを新しくしました。

今のホテルのベッドマットが柔らかくて、朝起きると、やたら首・腰が疲れる。どうしようか。。うーぬ と乏しい頭脳で考えた。このホテルを代わりたくない。ひらめいた! そうだ、皆、電話機に近い方に寝る。だから片側だけがへたってフワフワになるのだ!よし 180度マットを回転だ。大正解!反対側はまだまし。かくして次の夜からは改善。ホテルはマットについて、こういうメンテナンスは自主的に絶対しないものです。この方法は皆さんにお奨め。

さて、中国正月は2月14日。。お!バレンタインデーと同じ。その1日前の2月13日夜、タニア通りの中国正月風景、初めて見ました。爆竹、ドラ、太鼓、鐘で物凄い騒音。竜と獅子の掛け合いです。クラブの女の子、観光客などがいっぱいタニア通りにあふれます。観光客はカメラを手に。私もビデオを回しました。定年退職記念に会社から貰った1万円もしない安物のビデオカメラだから、音量調整ができません。あーあ、めちゃくちゃ音声が割れた。

竜の写真

20100213_newyear_shot

下は動画(5分51秒),音声は極端に絞ってます

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコク生活:スカイトレインに乗ってタイ語の教材を買いに行く

今宿泊している「ウォール・ストリート・イン(Wall Street Inn)」気に入っています。前のデ・アーニー(De Arni)に比べて

悪い点は:

① 壁が薄いからでしょうか、時折隣近所から男女の嬌声が聞こえてきます。(しかし、これはたいしたことはない)

② 私的な事ですが、ベットのマットが柔らかいので、首・腰が疲れる。(実はこれが自分にとって問題!)

良い点は:

① 隣の建物の影になっており直射日光に当たらないのでエアコンを付けなくても涼しい。

② 表通りに面していないので、深夜トゥクトゥクの爆音がしない。

③ デ・アーニーはセキュリティのせいなのか、接続に時間がかかりサイト画面がなかなか立ち上がらないのでイライラする。その点このウォールストリートインは端っこの部屋ですが無線LANの立ち上がりが早く、実測下り1497kbps 昇り268kbps。速度はこんなものでしょう。しかし、そうは言っても、一昨日6時間くらいサーバーダウンしました。勿論、無線LANはずっと無料。

④ タイ古式マッサージが併設されており、マッサージのために外へ出る必要がない。しかも2時間ピッタリしてくれる。他の店は早く止めて途中のステップを手抜きする。

⑤ メイドさんが掃除機をかけて部屋の中を手をかけて掃除をしてくれる。デ・アーニーはメイドが若いせいか掃除機など手抜きをする。

⑥ 日本食など日本人に何かと便利なタニア通りにさらに近い。

⑦ 宿泊料が1ヶ月朝食付き 27,000バーツ(80,000円)とデ・アーニーより安い。その代わり部屋は少し狭い、多分28平米くらいです。

さて、30日のビザ更新によるシンガポール出国で蕁麻疹にかかった為、2月5日から1週間汗をかかないように、部屋で休息し回復を待つという日々でした。

タイ語をもっと勉強をしないといけないなぁ。。どういう風に勉強するかなぁ。。。と思いつつ、バンコクに来た訳ですが、タイ語学校はフェーズ1の勉強に午前か午後か最低20日間は拘束されるようです。そりゃそうでしょう。楽じゃないです。蕁麻疹で1週間ロスした事で、勉強の意欲が衰えてきました。医者と銀行は英語が通じるので、何とかなるし、もともと休養のために、日本を離れてバンコクに来ている訳で、そう先を焦ることもないと自分で言い訳しながら、今回の滞在では今までどおり独学で勉強を継続することにしました。

そこで、気を取り直してスクムウィット通りのエンポリアム(Emporium)ショッピングセンターにある東京堂書店へ行って、色々教材を探しにいくことにしました。

ホテルを昼前に出て、近くの「とん清」でロースかつ定食 150バーツ(450円)を食べる。それから、サラデーン駅へ歩いて5分。。エスカレータのような高級設備はありません。駅の階段を上ります。脚の運動です。目的地はプロンポン駅。まず最初に目的地までの区間をボードを見て確認します。区間は4区間で運賃は30バーツ(90円)。コインでしか切符を買えないので、窓口で20バーツ札を2枚出して,10バーツコイン4枚に交換。券売機の区間4番ボタンを押して10バーツコインを3枚スロットに入れると、チケットが出てきます。チケットを手に改札機のスロットに入れると、ゲートが開きますので、改札通過したチケットを取って自分のポケットに持っておきます。

サラデーン(Sala Daen)駅はシロム線(Silom Line)ですから、2つ目のサイアム駅まで行き、そこでスクムウィット線(Skumvit Line)に乗り換えます。電車は終点「ナショナル・スタジアム(National Stadium)駅」方面の表示ですから、プラットフォームを間違えないように乗ります。でないと反対方向に行ってしまいますからね。「サイアム(Siam)駅」を降りるとスクムウィット線に乗り換えるためエスカレータをひとつ降ります。丁度、電車が止まっていましたので、皆さんは走って行きますが、あわてて反対方向行きだったら大変ですから、確認しながらゆっくり歩いて次の電車を待ちます。「オーンヌット(On Nut)駅」方面という表示の電車で、5つ目の「プロンポン(Phrom Phom)駅」が目的地です。5分もたたずに次の電車が来ました。

電車の中は冷房ガンガンで涼しい!しかしテレビは2個ついて番組放送しているし、乗客はおしゃべりしてるし、車内アナウンスも英語とタイ語でおこなわれるので結構うるさい。なおかつ4-5人は携帯電話で会話をしています。私の隣の女性も携帯電話がかかってきたので会話を始めます。しかし、思うに、日本人が日本の電車内で話しするときは、男女ともに「声がでかく」なりますが、タイ人は概ね普段話しするような声の大きさです。よく聞こえるものだと思います。「うーん、この差は何だ?」 「タイ語の周波数は日本語の周波数より高いから小さい声でも聞こえるし、彼らはそれを聞き分ける能力があるのではないか」と勝手に妄想してしまいました。タイ語は例えば「プ」でも有気音と無気音の違いが厳密にあり、声調もたくさん存在します。その違いを発音しないと全く意味が通じません。タイ人の言語能力は優れているんじゃないかなぁ。。。

さて、プロンポン駅に到着しました。改札口を出ると駅構内からエンポリアム・ショッピングセンターの2階にエスカレータが通じています。東京堂書店の場所はすぐには分からないので、近くのアクセサリー売り場のお姉さんに、場所を聞くと3階ですと。ではもう一階エスカレータで昇ります。うん、ありました。

何か今流行の「e-ラーニング」のDVDが良いけれどな。。と思いつつ、探しますが、そんな贅沢なものはありません。こりゃ、やはり地道に勉強するしかないなということで、たまたま立っていらっしゃった日本人駐在員の奥さんと話したら、「これなんかどう?」と言われて教えてもらったのが、「場面で役立つ使えるタイ語①と②」の2冊、教科書とCD-ROM付きで1冊800バーツ、2冊で1,600バーツ(4,800円)。私の場合はとにかくヒアリング能力を高めねばなりません。CD付きなら歓迎!「これ、購入決定」。次は、60歳過ぎロングステイの男性とおしゃべりしていたら、「車の中で聞いて単語を覚えるならこれがいいよ」と言うので、「実用タイ語単語集:TLS出版社発行」内容をみますとまあまあだと思い「550バーツ(1,600円),これ、購入決定」 私も結構安易ですね。 何を買っても勉強しなけりゃ同じですから。その人が言うには30,000語はタイ語の単語を覚えないといけないそうです。あーあ 日暮れて道遠しか。

教材を買ったら、ホテルに帰ります。今度はプロムポン(Phrom Phom)駅で100バーツ札を1枚窓口で出してコインと交換してもらいます。10バーツコイン4枚と20バーツ札3枚貰いました。コインは4枚で足りる訳ですからきっちりしています。帰りは終点「モーチット(Mo Chit)駅」方面のプラットホームへ行きます。来た電車に乗り、サイアム駅で降りたら、エスカレータをひとつ下って、スクムウィット線からシロム線に乗り換えます。サラデーン駅へは、終点「ウォンウィアン・ヤイ(Wong Wian Yai)駅」方面のプラットホームです。すぐ次の電車がきます。ようやくサラデーン駅に無事到着しました。駅の階段を降りて、歩いて5分のホテルへ帰って来ました。

さあ、今日からまた勉強しましょう!いや 明日から。。。?

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコク生活(2/6〜2/10):蕁麻疹(じんましん)の治療2日目〜完治

治療2日目(2月6日):

朝、起きると昨日赤かった部分は肌が綺麗になっていたが、今度は首周り、腹部、脚部など違う場所に蕁麻疹発生。朝食後に薬を飲み部屋で休息。昼食は近くの「山小屋」まで歩いて行く。昼食後に薬を飲み、部屋で休息。「らあめん亭」で夕食後に薬を飲んだ。深夜、多少改善したが、今度は新しく手の甲、腕、ふともも、背中が赤く地図模様。そのため、深夜1時に本日4回目の「アタラックス」を飲んだ。エアコンをつけて汗をかかないようにする事と同時に身体を冷やすようにした。.

治療3日目(2月7日):

朝、起きると、昨日発生した赤みがほとんど消えていたが、また新しく脚のふくらはぎに蕁麻疹発生。昼、夕方に3回目を飲む頃には、全身から大きい地図のような広がりはほとんど消えていた。極わずかに蕁麻疹残るのみ。夕方、今度は腕と背中に蕁麻疹新たに発生、エアコン切って就寝

治療4日目(2月8日):

朝、背中はだいぶ改善したが、新しく両腕と両脚に蕁麻疹発生。前回購入した薬がもうなくなったので、午前10時過ぎにラーマ4世通りの薬屋へ行く。入ると、店の奥にデンと座っているオーナー夫人らしき女性が外国人である私の顔をみるや否や、オーナーの医師を呼びます。医師が皮膚をみせるような仕草をしますので、腕、腰、大腿部など蕁麻疹の箇所を見せます。すると彼は「もういい分かった」と、そして「アタラックス(Atarax ) 10mg」と,副腎皮質ホルモン剤プレドニゾロン(Predonisolone) 5mg」を20錠(1週間分)づつ受け取りました。支払い金額は合計で56バーツ(170円) 。記憶では1年程前に日本で喉の奥が炎症を起こした時にも「プレドニン錠」を飲んだことがあります。すぐに1回目を飲んだ。午後2時過ぎには 全体的に赤みが消えてきた。昼食後2回目を飲む。夕方7時ごろから主に左腕、両太ももに蕁麻疹発生した。地図模様ではなく、範囲は小さい。深夜に3回目飲む。

治療5日目(2月9日)

朝、起きたら、両脚に蕁麻疹が10個程あるのみ、他は消えていた。朝食後1回目飲む。昼食後2回目、夕食後3回目を飲む。すでに朝10時くらいから蕁麻疹は全身から消えている。蕁麻疹は夕方に左ヒザ裏に2個だけ発生したが、深夜には消えた。しかし全体的に身体のあちらこちらがやたら痒い。深夜4回目はアタラックスだけ飲んだ。

治療6日目(2月10日)

朝,両脚に10個程新たに蕁麻疹。朝食後アタラックスとプレドニゾロンを飲む。午前10時ごろに蕁麻疹は消えた。昼食後アタラックスとプレドニゾロンを飲む。午後には、昨日から全身がやたら痒いという症状もおさまった。夕食後アタラックスとプレドニゾロンを飲む。

治療7日目(2月11日)

朝、身体のどこにも蕁麻疹はありません。完治した模様です!(happy01) 念の為、朝食後と昼食後にアタラックスとプレドニゾロンを飲む。これにて薬はやめ!さあ、ビールが飲めるぞ!(happy01

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコク生活(2/5後半):蕁麻疹(じんましん)の治療1日目

予約済みのスリウォン(Surawong)通りにあるホテル「ウォール・ストリート・イン(Wall Street inn)」に約1時間後、到着しました。まだ早いので、近くの「サリカ・カフェ(Sarika Cafe)」で早めの昼食をとります。12時になるのを待ってホテルにチェックイン、日本食朝食付き、シャワールーム付きで 1ヶ月27,000バーツ(80,000円)のリース契約を結んでから部屋に入ります。汗びっしょりですから、身体が痒いしとにかくシャワーがしたい。服を脱いで鏡を見ると、おーっ!両太もも・背中・腹が広範囲に赤くなっており、ところどころみみず腫れで、痒い。

ウォール・ストリート・イン(Wall Street Inn)

20100218_wall_streeninn

シャワーを浴びて、ラーマ4世通りにある、バンコク一と言われる薬屋(Drug Store)さんに歩いて行きます。ここは先月、「高血圧」の薬などの入手状況を調べたお店です。番地は942/25,、最初は店員さんに手、脚、横腹など診せますと、すぐに医師であるオーナーが出てきます。彼は私の身体を診るとすぐに、これは食べ物に負けて湿疹ができたと診断します。病名はタイ語で通称「ペー・アーハーン(แพ้อาหาร)」-日本語訳も読んで字の通り、「食べ物負け」、正式病名は「ロム・ピット(ลมพิษ),つまり「蕁麻疹(じんましん)」でした。全身蕁麻疹になったのは全く初めて、年齢的問題・環境の変化そして胃腸の調子が悪かったのではなかろうか。(weep

医師の処方は治療薬「アタラックス(Atarax )10mg]、かゆみ止めをそれぞれ10錠です。早速購入し店に頼んだら水を持ってきてくれました。その場で1回分を服用。用法は食事後にそれぞれ1錠ずつ1日3回服用です。

処方された薬、2種類

20100207_jinmashinmojituki

体に感じる熱はありません。その日の午後は部屋でずっと休息して、夕方は「らあめん亭」で夕食後、薬を飲んで休息。深夜にはだいぶ赤みが引いてきました。

治療第1日目は計2回服用、就寝時はエアコンを切って寝る。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコク生活:シンガポールからバンコクへ

2月4日後半と2月5日早朝

ホテルの部屋へ戻り、シャワーを浴びてから、夕食に外出しました。近くの華人経営の食堂で「ライスとアジのフライ、温野菜、目玉焼き、温豆腐」 を食べた。

部屋へ帰って、午後10時ごろからベッドの中で本を読みながらうとうとしていたら深夜12時ごろ、体がかゆくて目が覚めた。首や横腹が赤い。ひょっとしたらダニか何か虫にかまれたかと思い、持参の日本製「ウナコーワを塗る。そして、ベッドやシーツに原因があるかも知れないと考えて、フロントに申し出て、部屋を変更した。

部屋を変更して様子を見たが、最初に赤かった部分は改善したものの、また別の部分が赤い。さらに「ウナコーワ」を塗ったが、かゆみが止まらない。かゆみの原因がダニなど虫のせいか、食物か分からないので、とにかく医師の診察を早めに受けた方が良いと判断した。

予約済みの2月5日午後12時20分発タイ航空TG404便で帰らずに、予定を早めて帰ってからバンコクで医師の診察を受けることを決め、午前3時過ぎにフロントへ行き、インターネットからタイ航空の運行時刻表を確認した。すると、朝一番は8時10分発で一応空き席がある旨の表示。そこでシンガポールのタイ航空オフィスへ電話したが、当然のことながら深夜はクローズ。

インターネットの空き席状況はあてにならないから、直接チャンギ空港へ行き、カウンターでフライト変更の交渉をすることに決め、タクシーを午前4時30分にホテルへ来るようにフロントの女性に手配を依頼した。フロントの女性は「あの部屋でこれまでお客からの苦情はなかった。新しいホテルだから空気中のダストやベッドシーツなどによるアレルギーかも知れないがいずれにしろ大変申し訳ない。以前に自分の弟も同じような症状を経験したことがある。。。」旨の説明であった。ホテルのせいと言うわけではないから、私も勿論穏やかに普通に話しをします。彼女は状況をよく理解をしてくれ、テキパキと私の依頼を処理してくれました。

さて、ようやくタクシーが到着したので、チャンギ空港へ向かいます。午前5時到着。まずはルイビトン財布のVAT還付を受ける為にRefundのカウンターでスタンプを貰います。ここでも現品を見せる必要はありません。

タイ航空のカウンターが開いたのは午前6時。担当女性にフライト変更を申し出ると、駄目だとは言いつつ、男性担当に相談に行きます。やっぱり「変更は駄目、満席だからキャンセル待ちになる」。ここで政府緊急事態に備え席はひとつ空いているはずだなどと正面から理屈を言っても時間がたつだけだから、私は素直に「航空会社を変える」と言い、シンガポール航空(SQ)の空き状況を確認することにした。

ところが、チャンギ空港は飛行機発着のターミナルが1番、2番、3番と3箇所あり、シンガポール航空(SQ)は1番ではないことは確かだが2番か3番かは不明。もし間違うと大きな時間のロス発生するので、ここはやはり「頼りになるのは日本航空(JAL)だ!」ということでJALのチェックイン・カウンターへ行くと、運良く日本人の地上職員がいらっしゃいましたよ。「ラッキー!」と思いつつ、「シンガポール航空(SQ)のターミナルは?」と聞けば「2番ですよ!SQのチケット売り場は電車降りたらすぐにありますよ」と親切なお答えです。「いやー本当にありがとう」とお礼を言い、急いでトレイン乗り場に向かいます。2-3分待って電車が到着、降りたところで見渡すとSQのチケット売り場が左手にどーん!とありました。ここで時刻は午前6時10分。

窓口の女性に「朝一番のバンコク行きフライトに空きはあるか?」「SQ970便が空いている」「出発時刻は?」「午前7時10分」「片道か?」「そうです」とやりとり。金額は税込みで417S$(26,700円) 「おー!さすがに高い」背に腹は変えられないからクレジットカードで購入手続きを進める。プリントしてもらったE-チケットを持ってシンガポール航空(SQ)チェックイン・カウンターへ行き、マイレージを申告します。この後に及んでもこれだけはしっかりと申告。

イミグレーションを通過した後、VAT払い戻しカウンターで書類を見せると、「クレジットカードの返金か、それとも現金払い戻しか?」旨、聞かれたので「現金」と答えて、VAT払い戻しを受けました。午前6時40分搭乗開始、7時30分に離陸しました。乗客の搭乗率は30%程度です。約2時間後に無事スワンナプーム空港にようやく着陸。

イミグレーションに並んでいると、色んな人がいるものです。うるさいのは大体中国人。私の列の隣で、ああでもないこうでもないと体操ジャージーを着た10人くらいの中国人グループが大声で入国カードの書き方を怒鳴り合っています。いい加減に誰かが仕切ればよいと思うのですが、いつも勝手に言いたい放題です。

さらには、これも40歳代女性一人旅の中国人が、イミグレーションの男性係官にパスポートと入国カードを提出しました。

係官は英語で「貴方はどこへ行く?どこに泊まるの?」 それに対して大きな声で中国人女性がまくしたてます。係官はあきれて再び英語で「貴方はどこへ行く?どこへ泊まるの?」さらに中国人はまくし立てます。2回もやられたらタイ人係官もあきれて、「後ろへ下がれ」とあごで指示して、「はい次!」。次の順番だったアメリカ国務省のアーミテージ副長官みたいな白人男性が、見かねて女性に英語で「貴方は入国カードに宿泊場所を記入していない。ホテルの名前を書きなさい」と説明します。やっと理解した模様。

しかし、一人で旅行に来て、入国カードの書き方が分からなければ飛行機の中でキャビンアテンダントに聞いておけばよさそうなものですが、いったいなんのですかねぇ。。中国人というのはさっぱり理解できない人達です。世界各地でだいたいこうですから。

このような面白いものを見て、それから税関申告に行きます。シンガポールで買ったルイ・ビトンの財布は面倒ですからカバンの中に入れたままで、申告なしの緑色のランプを通過します。いつものことで、係官は小さい荷物の入国者は「早く行け」と手で合図します。おっと私の前のカートにトランクや荷物を満載してよろよろ進んでいる、これまた中国人男性は係官に呼びとめられて中を開けろと指示されました。これもいつものことで荷物満載の入国者は抜き打ち検査です。

かくして、ようやく、空港の外へ出ます。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコク生活:露店の買い物

バンコク市内の露店で面白そうなものがあったので買いました。

「孫の手」 木彫、少し芸術的かなぁ。値段は忘れました

20100210_magonote

動く猫のおもちゃ、値段は180バーツ(540円)電池付き、多分中国製

動く猫のおもちゃ 」の動画(13秒)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

書籍 「文明の生態史観」

梅棹忠夫(うめさお ただお)著 中公文庫 1998年改版 338ページ」

本書が書かれたのは今から約50年前の1957年2月ですが、今も変わらぬ名著。

古い進化史観は進化を一本道と考え、なんでもかでも最後はおなじところへいきつくと考えた。現状の違いはそこへいきつくまでの発展段階の違いと見た。たとえば資本主義を経て共産主義に至るといったマルクス主義などの唯物論的見方など。

しかし、梅棹忠夫氏は生態学の視点からからすれば道はいくつもある。生態学では遷移(サクセション)という現象が起こるのは、主体と環境の相互作用の結果がつもりつもって、前の生活様式では収まりきれなくなって次の生活様式にうつるという現象である。そして一定の条件のもとでは共同体の生活様式の発展が一定の法則にしたがって進行する。

著者はユーラシア大陸の東端である日本と西端である西ヨーロッパを第一地域、その間に挟まれた中国・ロシア・インド・中東を第二地域と分ける。

第一地域は生活様式が高度の近代文明であり、第二地域はそうではない。第二地域ではなぜ第一地域のような順序よく段階を踏んだ展開がなかったのか?それはユーラシア大陸を東北から西南に斜めに横断する巨大な乾燥地帯の存在である。乾燥したステップから押し出されてくる遊牧民がその破壊力の主流である。第二地帯の歴史は破壊と征服の歴史である。一時的にりっぱな社会を作ることができても、その内部矛盾がたまって、あたらしい革命的展開にいたるまで成熟することができない。

第一地域はめぐまれた地域であった。中緯度温帯、適度の雨量、高い土地の生産力、なによりもこの地域は「はしっこ」だったから、中央アジア的暴力がここまで及ぶことがまずなかった。そのため、日本と西ヨーロッパは互いに大陸の端にありながら同時期に対照をなすように発展した。

日本は必ずしも西欧化を目指していたわけではない。今でもそうではない。日本には日本の課題があった。ただ西ヨーロッパ諸国と日本とは色々な点で大変条件が似ていたために並行的な道を歩んで発展した

日本や西ヨーロッパはすでに権力も富も集中が進みすぎた。今は新しい分散による能率化を図るべき時期である。人類は有能なる個人を作る方法は知っているけれども、その個人の有能さを生かす方法については、まだ余り知らなさ過ぎるのではなかろうか。

「中国世界」の問題については;

中国や韓半島は第二地域に属する。第一地域と第二地域との違いは重要である。それは社会制度、宗教、文化の後半な範囲にわたる違いをまきおこす。そのため、日本は地理的には同じアジアに属しながら内容的には著しい違いを持っている。アジアにおける日本の特殊性というというものは、だから第一地域としての特殊性である。日本はむしろ西ヨーロッパと同じカテゴリーにはいる地域である。岡倉天心以来アジアはひとつというけれどもお互い異質なものであるということを確認したうえで、その異質なものがどう結合されるかを考えなければならない。

読後感:

まさに「目からウロコ」の名著です。鳩山総理の提唱する東アジア共同体なるものも、他のアジア諸国の指導者からみればなんのことやらといったところでしょう。日本は中国・韓半島とは根本的に異質であり、むしろ西ヨーロッパ世界と共通項が多いということが明快に理解できました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

人気ブログランキングへ

ご面倒でなければこちらも

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日本最強の経済対策:「電波の開放」

日本最強の経済対策として、池田信夫教授は「電波の開放」を強く主張。僭越ですが私もその通りだと思います。池田教授はずっと以前から主張されていますが、総務省も手をつけるところまで至っていません。こういう政策が実行できたら、民主党を見直しても良いと思いますが、今後どうなるでしょうか。

こういう都合の悪いことは、新聞・テレビのマスコミは自ら絶対に報道しません。だからこそ政治の力が必要なのですが、政治家たちはご覧のとおりの有様。

教授はその著書「希望をすてる勇気」(2009年10月 ダイアモンド社)で:

今回の経済危機で製造業を中心とした輸出産業の稼ぎに非効率な国内産業がぶら下がる構図は崩壊した。これからは、国内で古い企業の「創造的破壊」を進め、新しい市場を開拓することが重要。特に高コストのサービス業を効率化することが必要であり、通信サービスはその余地が最も大きい。電波の開放は、コストなしで数十兆円の市場と無限のイノベーションを生み出す最強の経済対策である。

財政・金融ともにあらゆる弾を撃ちつくした今、問題は「民間の投資需要を高める」こと。電波の開放はそのために政府ができる重要な対策。電波は希少だから配給で割り当てるのだと言われるが、これは理由にならない。例えば、レンブラントの絵画の数は限られているが、絵画はオークションで売買されている。市場メカニズムは希少な資源を効率的に配分するシステムである。

また現実の利用状況をみると、電波はそれほど高密度で使われている訳ではない。3ギガヘルツまでの最も利用率の高い周波数帯で計測しても、日本で一番電波が混んでいる渋谷でも90%が空いている。このような無駄が起こるのは、周波数を割り当てられたまま使っていない利用者が多いからだ。

UHF帯の周波数割り当てをみると、13〜52チャンネル(470〜710メガヘルツ)は今後地デジに使われる。しかしこの40チャンネルのうち、最大の関東地方でも同時に使うのはNHK+民放の7局と、独立系UHF局、中継局の重複を見込んでも12局あれば足りる、つまり残りの28局はテレビ局が占拠しながら使っていないのだ。この帯域を「ホワイト・スペースと呼ぶ。

2008年11月、FCC(アメリカ連邦通信委員会)はホワイトスペースを免許不要帯として開放することを決めた。放送局は「オークション」をやれと反撃していたが、免許不要にしたことは重要な決断。日本でもホワイトスペースを自由に使えば、超低コストの無線ブロードバンドが可能になる。

ホワイトスペース開放のメリットはばかにならない。端末が売れ、新しいサービスが可能になる経済的メリットは数十兆円になろう。何よりも重要なことは自由なイノベーションが可能になり、既存キャリアとグーグルなどの競争が実現することである。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ご面倒でなければこちらも

人気ブログランキングへ

バンコク生活:シンガポールヘ向かう

2月4日

午前11時30分発のタイ航空TG413便でシンガポールへ行きます。

実は、ここからが疾風怒涛のシンガポールの旅の始まりでした。

チェックインの前にバンコクでの買い物で支払ったVAT(付加価値税)の払い戻しを受けるため、VAT払い戻しカウンターへ行きスタンプを貰いました。規則では品物現品を提示するように記載されていますが、うわさどおり、店からの証明書を見せるだけでよく、現品を見せる必要は全くありません。あまりうるさく規制すると、観光客が品物を買わなくなるからそれを恐れたのが理由のようです。女性係官は品物明細を用紙に書くだけです。次はタイ航空のカウンターでチェックイン完了し、イミグレーションと進み、VATのRefundオフィスに行って現金の払い戻しを受けます。

スワンナプーム空港内

20100204_bangkok_airport_set

VAT現金払い戻しを受けるオフィス

20100204_singapore_014

電動立ちニ輪車「セグウェイ」に乗るタイ国軍兵士

20100204_singapore_015

約2時間後、チャンギ空港ターミナル1に到着しました。シンガポールの土を踏むのは22年振り。タクシーで「チャイナ・タウン・ホテル(Chaina Town Hotel)」へ向かいます。運転手は場所が分からないので、地図を見て行きます。30分後、ホテルに到着しました。タクシーは初乗り 3S$(190円)あと20セント刻み。

チャンギ空港内看板は英語・マレー語・華語・日本語の4カ国語表記

20100204_singapore_016

チャイナ・タウン・ホテルの写真

20100204chinatownhotel_set

チェックインしたら、すぐにルイ・ビトン財布を買うため、事前に調べておいたオーチャード・ターン(Orchard Turn)のアイオン・ショッピング・センター(ION shopping center)ヘにある直営店へ行く為、 ホテルで貰った地図を見ながら近くのタクシー乗り場まで歩いて行きますが、再開発によるチャイナタウンの変貌ぶりに驚きました。外観が綺麗になっています。そして、2月14日の「チャイニーズ・ニュー・イアー(中国正月)」の準備のための随所に派手な電飾。途中で中国共産党による「法輪功」に対する弾圧へ抗議看板があったので写真をとりました。シンガポールは報道規制が多いものの、やはり自由主義国家なのですね。10分程歩いて、昔しばしば来ていた「ピープルズ・パーク(市民公園)」へ着きました。

ホテルを出てすぐの「ピープルズ・パール(People's Peral)」

20100204_singapore_021

「法輪功」弾圧に抗議する看板

20100204_singapore_023

ピープルズ・パーク(People's Park)

20100204_peoples_park_set

タクシー乗り場で待っていると、一般の乗用車が運転手が乗ったまま、交差点手前で勝手に駐車します。それをよけるためにタクシーが車線変更したりで、現場が混乱し始めると直ちにバイクで警邏中の警官が違反行為を指摘し乗用車を追い払います。この辺はシンガポールの面目躍如といったところ。

なかなかタクシーが来ません、ようやく来たと思ったら乗車拒否です。丁度タクシー運転手のシフト変更時刻のようで、運転手がトアパヨ行きとか、ねぐらへ帰るための行く先を指定されてしまいます。この種の乗車拒否は一般に認められており仕方がありません。

アイオン・ショッピング・センター(ION shopping center)へ到着。ルイ・ビトン直営店で「ダミエ・アズール・ポルトフォイユ・サラ」の値段を聞くと、80OS$(51,200円)+VAT7%=840S$(53,786円) 日本販売価格の12%安といったところ。早速購入し、同時にVAT払い戻しの書類を同時に受け取ります。

ルイ・ビトンを出てオーチャード通り(Orchard Road)をぶらつきますが、その途中で、昔,35歳の時に2年間住んでいた「カム・ヒン・コート(Kum Hing Court)」の側を通ります。昔のままでした。

カム・ヒン・コート(Kum Hing Court)

20100204_singapore_027

タングリン通り(Tanglin Road)へ行きます。昔あったタングリン通りにあった屋台街ホーカー・センター(Hawker center)は消滅し、道路の左側にあった日本人観光客向けの大型免税店は消滅し、家具専門店に変貌していました。

オーチャード通り(Orchard Rpad)ヘ出ます。写真はスコット通り(Scott Road)との交差点

20100204_singapore_028

昔は、市価の3倍の値段を吹っかけることで有名だったラッキープラザ(Lucky plaza)

20100204_lucky_plaza_set

左側写真はオーチャード通りのタバコ灰皿を取り囲む人々、右側写真は屋台風のセブン・イレブン

20100204_orchard_set

しかし、まぁ、私も15年前は喫煙者でしたので、他人のことは言えませんが、シンガポールは排気ガスも臭くて、そして実に「タバコ臭い都市」です。目抜き通りのオーチャード通りには両脇にほぼ10メーター間隔で「ゴミ捨て兼用のタバコの灰皿」が置いてあります。ビルディング内は禁煙のため、従業員も全部外にタバコを吸いに出てきます。そして、女性喫煙者の多いこと!ビックリです。

イタリアのフィレンッエは「香水の匂い」 バンコクは「ナムプラー(魚醤)の匂い」 シンガポールは「タバコの匂い

さらに歩きますと、新しい試みでしょうか?郵便局と車のディーラとレストランが一緒になった建物がありましたので写真を一枚。

20100204_singapore_034

昔、スーパーマーケット・ヤオハン(Yaohan)があったオーチャード通り東端の「プラザ・シンガプーラ(Plaza Singapura)」

20100204_plaza_sinpura_set

駐車場の空き状況看板ー日本のような「空き」か「満車」ではなく、具体的な「空き数値」を電光板で表示

20100204_singapore_037

帰りは、初体験で、地下鉄に乗って帰ることにします。オーチャード通東端の地下鉄「Dhoby Ghaut」駅ヘと階段を降ります。

他人がやるのを見ても皆さんはカードを使っていて、私のような現金買いは誰もいませんし後ろからではよく分かりません。とにかく試してみます。

①左下の画面をタッチして購入開始

②正面下の大きい「行く先表示画面」を見て行く先をタッチ,目的地は3つ目の駅です。

②そうすると、左下の画面に「金額」が表示、2.2S$(140円)

④右上のスロットへ紙幣とコインを挿入

⑤真ん中上のスロットから乗車券が出てくる

20100204_singapore_038blog

金額が自動的に計算されるのは賢いです。

地下深くエスカレータを下ってようやく、プラットホームへ到着。乗る人間はドアの中心付近に立たないように床面に矢印の表示。

20100204_singapore_039

目的地のOutram Roadへ到着。あたりは夕方で、電飾に灯がともる

20100204_singapore_040

ホテルの前に黒い「マツダRX-8」が駐車していたので写真一枚

20100204_singapore_041

ー話しが長くなりますので、また次のページでー

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

「利己的行為」や「独り占め」に対する人間の感情

「利己的行為」や「独り占め」は、人間の感情の中でなぜ悪い事だとされているのか?

20万年前、アフリカの地で人類が発祥した後、人類は集団を形成し、狩猟活動によって動物を捕らえ食料としていた。狩猟活動を行うためには、単独行動よりも集団行動が有利であり、人類は一定数を構成メンバーとしてそれぞれがグループを形成していたと考えられる。これが後世、発展してひとつの部族の基礎となった。

グループで獲物を捕らえた後、それを分配することになるが、獲物を最後にしとめた者が一人で全て自分のものにしてしまうと、他のグループの構成メンバーは「飢えて死んでしまう」ことになる。他のメンバーが飢えて死んだら集団が消滅してしまう。そのため、利己的行為や独り占めは排除され一定の規律のもとに獲物の分け前としてグループ内で配分されていたと考えられる。

現代よりも時間的に遥かに長いこの時代の人類の活動が、人類の脳の深い部分で、「利己的行為」や「独り占め」は善悪の判断として「悪い事」であるとして摺りこまれ、脳内にDNAが形作らていると考えられる。これを「部族感情」と言う事も出来る。西アジアでは厳しい自然環境のせいもあり、現在でも色々な場面でまだ「部族感情」が物事を判断する場合に優先して考えられている。邦人拉致問題でしばしば報道される「部族による解決」がそれ。

民主党小沢幹事長の政治資金規正法の疑惑に対して、法律的には一応「シロ」かも知れないが、国民というより、人間の感情の点において「利己的行為は悪い事」として大多数の人々が納得出来ないことになる。

前回、アメリカと小沢氏が何らかの取引をしたかも?と書きましたが、2月5日になって「小沢訪米団」の要請をアメリカ側が要請したとの報道。中国に対する牽制もあるでしょうし、やはりアメリカは普天間問題の解決に小沢氏の政治的影響力を利用したかったという事がその取引だったのでしょうね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ご面倒でなければこちらも

人気ブログランキングへ

バンコク生活(2/2):朝のルンピニ公園とタイ国歌

このブログのサイドバーにリンクとして、今から10年程前に早期退職したサラリーマンで青木さんという方の有名なホームページ「T-Thai(定退)」を設置しました。青木さんの文章力には感嘆。

さてホテルの朝7時に朝食の後、歩いて10分くらいの距離にあるルンピニ公園(Lumphini Park)ヘ散歩に行きます。ラーマ4世通りの3番ゲートから入ります。以下はその風景。

入り口の看板と警察官詰め所(禁煙、飲酒禁止、ペット禁止のマークがあります)

20100203_lumphini_set_001

あちこちで華僑系人々が体操

20100203_lumphini_set_002

20100203_lumphini_set_003

20100203_lumphini_set_004

ここで朝8時になりました。「タイ国歌」が流れます。ジョギングしていた人も全員、即時に直立不動の姿勢をとります(下の右側の写真がそれ)。私も同様に直立不動。歌わなくてもよいのですが、直立不動をしない場合には「不敬罪」で警察官から逮捕されるかも知れませんから、緊張の一瞬です。

20100203_lumphini_set_005

20100203_lumphini_set_006

運動用具が色々。

20100203_lumphini_set_007

ボディビルの練習設備。利用料は一日20バーツ(60円)

20100203_lumphini_set_008

左の写真は顔の産毛とり、右の写真は売店

20100203_lumphini_set_009

ホテルに帰ってシャワー。

最後に「タイ国歌」を Youtube にてご参考までに

日本語歌詞(非公式訳-wiki)

タイはその胸の中にタイの血統のすべての人々を抱擁する。

タイの隅々までがタイ人たちに属する。

それはその主権を長く維持してきた、

なぜならタイ人たちが常に団結してきたから。

タイの人々は平和を愛するが、彼らは戦争では臆病者ではない。

彼らは彼らから彼らの独立を奪う者を許さず、

彼らは専制政治を我慢しないだろう。

すべてのタイ人たちは血のすべての滴を与える用意ができている。

国家の安全、自由と進歩のために。

万歳 !

ประเทศไทยรวมเลือดเนื้อชาติเชื้อไทย เป็นประชารัฐไผทของไทยทุกส่วน อยู่ดำรงคงไว้ได้ทั้งมวล ด้วยไทยล้วนหมายรักสามัคคี ไทยนี้รักสงบแต่ถึงรบไม่ขลาด เอกราชจะไม่ให้ใครข่มขี่ สละเลือดทุกหยาดเป็นชาติพลี เถลิงประเทศชาติไทยทวีมีชัยชโย

Pra thet thai ruam nu’a chat chu’a thai  Pen pra cha rat pha thai kho’ng thai thuk suan  Yu dam rong khong wai dai thang muan  Duay thai luan mai rak sa mak khi  Thai ni rak sa ngop tae thu’ng rop mai khalt  Ek ka rat čha mai hai khrai khom khi  Sa la luat thuk yat pen chat phli  Tha loeng pra thet chat thai tha wi mi chat   chai yo

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

バンコク生活(2/1):パッポン通りの昼と夜の風景など

パッポン通りの昼と夜の風景

昼間は何もありませんが、夜になると屋台がずらりと出現します。夕方から組み立てて作ります。木下藤吉郎(豊臣秀吉)の一夜城みたい。

[昼]

201001291patpon

[夜]

201002016

さて、最近良く行くスリウォン通りのビア・ガーデンですが、左側の店は繁盛しているのに対して、右隣の同様の店はお客が閑散。その理由について、バンコク在住歴の長い人で偶々隣に座った人に聞いてみると、この店は経営者が日本人で、右側は華僑の経営です。従業員も5人が右隣の店を辞めて移ってきたとの答えでした。なるほど納得。ここにも「民族固有の原則」が生きていました。

下の写真はそのビア・ガーデンの「看板娘?」、ポーズを取ってくれました。アメリカ在住タレントの田村英里子さんによく似ていると思うのは、私の目の錯覚か?

2010102029

田村英里子さんはこれ:

Tamura_eriko

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

このブログがお気に召したらクリックをして下さい

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »