Google Translator

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

管理人の定年後の友としてFXのブログは別途ここに

最近のトラックバック

ブログランキング参加(blog)

オーボエリードのクローについての誤解

「クロー」について、大きな誤解をしていました。

誤解と私なりに理解するまでの道のりを以下に記す。

発端は高音Gがぶら下がって、かつppでは高音Gがでないリードが出来上がってしまうので、失敗作として、これまで廃棄してきました。本数で20本以上あります。これをなんとかできないものか、とこの2か月悩んだ過程です。

1.クローCが発声できないリードは悪いリードであるという論調が多くの文献に見られます。

クローのCを達成できないものは廃棄したほうがよいという文献例として、ルボア社のオーボエリードメイキング(http://www.lebois-oboe-fagot.com/custom3.html)には、以下のように記載されています。

「⑦ある程度⾳が出るようになったらピッチを確認します。リードの先端の開きの⼤きさを0.5〜0.8mmに調節したらクローをチェックするように深めにリードをくわえて強く吹きます。最終的にはHに落ち着きますが、この段階ではCが良いでしょう。C#以上だとまだまだ全体に厚く、Hだと削りすぎの可能性があります。B(Bb)だとあきらめて新たに作り始めることをお勧めします。リード作りの初期段階では、ケーンの硬さや弾⼒性が邪魔をして削り具合が分からなくなります。リード作り時のチェック吹きは、アンブシュア(⼝及び唇)にかなり負担がかかりますが、吹き⼼地よりもピッチを優先するとリードの成功率は上がります。Cの⾳が出るようになったら仕上げにかかります。」

もうひとつのアメリカンリードの作成実演のYOUTUBEも同様の趣旨で「クローCが達成できない場合は先端をカットしてクローCを達成しなさい」の旨、説明されています。Oboe Reed Making Basic Scrape (https://www.youtube.com/watch?v=4rs-oQTNv_c)

この両者の解釈から、私は高音Gがぶら下がる場合は私の力量からリードを薄くする、薄くしたらピッチが下がるので、先端をカットするを繰り返しました。結局全長目標72mmに対して66mmなど短くなりすぎてピッチが高くなるから楽器につけて吹奏するとき少しリードを上に抜く対応をするというジレンマに陥ったわけです。

ショートスクレープでクローCを達成できなかったリードをロングスクレープに変更したらクローCを達成できるのかと思い悩んでロングスクレープに修正したりして、結局この1か月で10本程度廃棄しました。そのリード自作の徒労に終わった時間と労力はかなりのものです。

2.これではいけないとしてさらに調べますと、クローはリードを押さえてつぶしてCがでるようにして吹きなさいという文献をみつけたわけです。

https://www.alsoj.net/wind-i/magazine/view/280/765.html?pageno=3

文献曰く、リードの状態は「クロー」でチェックします。クローとはもともとカラス(スケアクロー)の鳴き声という意味で、リードを深くくわえて強く吹いた時の「ビャー」という音のことを指します。クローの音が「ピー」の場合は先端の開きを出し、「ビャー」だと良好、「ギャー」の場合はリードを押さえて平べったくします。クローが出たらきれいな「シ」の音を出してみましょう。その時、無理に出さないで自分の力に合わせてリードを調節します。「シ」より低い場合は何度も押さえてリードをつぶします。「シ」より高い場合は側面から押さえて先端の開きを大きくします。アンブシュアを変えて「シb〜ド」が自由に出せるのが良いリードです。アメリカンタイプのリードは「シ〜ド#」になります。

つまり「廃棄せよ」という論調と「押さえてつぶして使用せよ」という論調が存在することが分かったわけです。

悩んだ結果、私は、「クローCがでるようにリードをつぶした後で吹奏しなさい」という文献のほうが、適正ではないのか、という結論に達しました。

自分の場合、普通に作ってクローCがでるリードは20本に1本の割合です。そういう割合からみてもクローCがでないときは廃棄せよとということでは吹奏できるリードはほとんど完成できないわけです。

3、その他文献で「リードだけで吹いた場合にBやC」などと記載されていたとき「リードだけでもピッチはでるから何のことか意味がわからなかった」のですが、「リードだけ」というのは「クローで吹いたとき」と解釈するべきであると分かりました。


 にほんブログ村 クラシックブログ オーボエへ
にほんブログ村

オーボエの先端TIPと舟形ケーンの自己評価

以下に記す内容は未熟者のたわごとということで見てください。

1.オーボエ先端TIPの面積

グロタンBMでの比較画像

こうして写真でみると表面がデコボコしていてホント削り方がへたくそですね。

Photo_2

① 右側は角度を大きくつけて削った面積の大きいこれまでのタイプ

② 左側は角度を大きくつけずに削った面積が小さめの現在のタイプ

自己評価:

①の面積大のほうは、「ブー」という感じで音量大、しかし音色が薄い感じがする、演奏に力があまり必要でなく、練習するのは向いている。

②の面積小のほうは音量はやや小さい、音色はやや太いが暗め、最近3個削ったが、最近の好みで今後はこのタイプで削ることにした。

2.舟形ケーンの自己評価

あくまで私の削る技術と演奏の力量に基づく評価ですので、実際の結果には責任持てませんから注意してください。

ポイントは硬さと先端の幅と私は思う。

自分は先端の幅が広いと力が必要なので難しい。硬さもあまり硬いのはやはり演奏に力が必要だから無理。

ということで、現在では「グロタンBM」の一択です。

これまでの舟形ケーンの自己評価:

ベルリン:硬い、グロタンBMより固いので削りにくい、硬いから余計に削ることになってしまうため音は太い。演奏に力が必要で自分は無理。

シャンタン(アリオード):硬さは普通。幅はグロタンより狭いので口に加えやすい。

ベルトゥロ(アリオード):硬さは普通。幅はグロタンより狭いので口に加えやすい。しかし線がはいり糸を引いたような音がするのが気になる。

ビクトリア:硬い。幅がシャンタン(アリオード)よりさらに狭い。繊維が太くて太い音がする。材料の厚みにばらつきがある。きれいな音色がするときもある。

グロタンBM :やや硬め。音量は普通、幅も普通、広くない。音色は高音もわりあいよい。力をあまり加えずにふけるので、吹きやすい。自分はこのグロタンが一択。

シャンタン(カマルグ):これはベルリンより硬く、最も硬かった。削りにくい。硬いので自分の演奏力量では薄く作る必要がある。そうすると音色が薄くなる。「ブー」という音色になってしまう。最も問題だったのは、ことごとく中音Gがぶら下がって使い物にならなかったこと。これは自分の技術もあるだろうが、購入したのは完全に無駄だった。

にほんブログ村 クラシックブログ オーボエへ
にほんブログ村

オーボエ練習再開した

2016年6月にバンコクから帰国後、右手と親指の痛みのため長期休養していた、オーボエ練習を2018年2月,1年10か月ぶりに再開した。

2016年6月からスポーツジムへ通い、最初はウォーキングで脚を鍛えていたが、2017年7月からストレッチを続けて、50肩も改善した。さらに2017年12月から上腕を鍛える筋トレを始めた。上腕に力がついてきたように思ったので、オーボエを持つ右手の痛みも改善したのではないかと思い始めた。そしてオーボエを吹きたいという意欲がでてきた。

2年前は、右手の痛みのため30分しかオーボエ練習できなかったが、現在では1時間半も練習できるようになった。

練習をはじめてから、最初の部分のコピーしかもっていない「HINKEの初級教則本」を2月23日にアマゾンから購入した。

練習は:

以前、講師から教わっていたことを思い出しながら練習。

①今回は下管のサムレストの下に粘着タイプコルクを貼り右手で持つように自分で改良した。この目的は下菅が演奏時くるくる動かないように固定すること、および指のクッション。上腕をジムで鍛えたせいもあり練習時間が1時間半でもできるようになったので、これが一番うれしい。

100円ショップから購入したコルクを適宜切断して下管に貼り付けた画像(参考)

Photo

②難しい運指のとき、唇が変化して音がピーとなる悪い癖があるので唇を変化させないよう、改善を目指す。

③クラリネットの悪い癖で息を強く入れすぎてしまう。低音はあまり息を強く吹かないこと。

④上腕に力をいれずに脱力してオーボエを持つこと。

⑤リードを唇で振動させるようにこころがけ、唇でリード強く咥えないこと。

⑥息がふらふらせず、ひとつの音符の中で一定の安定した息をだすこと。昔吹いていたクラリネットの悪い癖から脱却すること。

以上のことに心がけて練習を再開した。

3/23 オーボエが突然音がでなくなった、たぶんどこかのキーの調子が悪いと思う、ほかに4年前に修理した上管のひび割れと3オクターブキーが開かないなど不具合があるので、4年ぶりに神戸の楽器工房に行き、修理を頼んだ。

修理代金は税込 9,223円(内訳  ひび割れ直し3,500円,key動き不良1,540円、調整3,500円プラス税)

受取時にお店の人から上管のキーバランスが悪かったというコメントがありました。自宅へ帰って吹いてみたら、これまで音がひっかかってリードに原因ありかなと想定してリードばかり削って苦労していた、低音C,D,E,Fや高音G#などがすんなり音がでるようになった。これほど違うのかとびっくりした次第です。

:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 クラシックブログ オーボエへ
にほんブログ村

2017年5月バンコク滞在記(6/03-6/09)

2017 06  03 (土曜日)

昼食はコンビニのパンと牛乳=22tbh

夕食は「牛の屋」の牛丼=170tbh

サラデーン駅からテルメへbts=31tbh

テルメではビール4本=450tbh

帰りはタクシ=200tbh コンビニ夜食=35tbh

2017 06  04 (日曜日)

昼食抜き

夕食はラーメン85tbh

サラデーン駅からテルメへbts=31tbh

terme350 taxi100 コンビニ60

左側ジュークボックス付近にいた「A」ようやく顔と名前が一致するようになった。ビールを飲みながら眺めていた。テルメは8:00pmオープンだが、彼女は8.40pmに出勤してきた。韓国人風の若い男が二人も言い寄ってきたが、すぐに断る。どうして断るのかな、すごいと思ったつかの間、7分後、8.47pm若い男性一人来た。すぐ上のルアムチットホテルに階段で行った。うーんなんだろうな。1時間後、降りてきたら、今度は日本人風の二人目と表ドアから出た。見ていると、すごい。人にもよるが完全な売り手市場だ。

2017 06  05 (月曜日)

昼食はコンビニのパンと牛乳=22tbh

夕食は「牛の屋」の牛丼=170tbh

サラデーン駅からテルメへbts=31tbh
テルメの中ではまたインド系の彫の深い顔に興味をそそられる。

テルメではビール=550tbh

帰りはタクシ=100rbh、コンビニ100

2017 06  06 (火曜日)

昼食は25tbh 

夕食はコンビニで買ったプリッツだけ=110tbh

Bts=31tbh

テルメの左側ジュークボックス付近昨日の「A」がいたので話かけたが塩対応。

テルメ= ビール3本330tbh

雨が突然降ってきたので傘80tbh購入

帰りはタクシ=100tbh
コンビニで夜食=60tbh

2017 06  07 (水曜日)

昼食抜き

夕食ラーメン亭=230tbh

タニヤの「クラブ愛」 に行くお茶だけでビール飲まず=1,150tbh  (約4,500円)

コンビニ夜食=35tbh


2017  06  08 (木曜日)

昼食=27tbh

昼に古式マッサージ=500tbh(約1,500円)

自分で見る映画DVD購入=70 tbh

ズボンのベルトが壊れたのでセンタンで購入した。カード支払い=1,870tbh(6.000円)

夕食は「牛の屋」牛丼=170tbh

サラデーン駅からテルメへbts=31tbh

テルメでは主に左側、名前だけ聞く、ビール5本=660tbh
帰りはタクシ=100  コンビニ50

2017 06  09 (金曜日)

昼食抜き
下痢を朝から3回、10.30am 12.30 am13.00.pm 今晩帰国するのに心配したが、夕方は止まった
夕食はシロムのシズラーステーキ1000tbh

6/09 (金曜) TG622 23:30PM発で日本へ帰国した。

6/10(土曜日)朝、関空へ到着した。

イモトのwifiヘ借りていたwifiを返却し、スーツケースを別送するよう依頼したあとは自宅へ帰るだけだ。

今回はタニヤのクラブ=6回、ソイカのバカラ=2回、テルメカフェ=17回と主にテルメへ行っていた、自分のようにウイスキーは飲まないでビールを主に飲む人間には、ビール1本=110tbhと価格も安いテルメが快適な空間である。しかもテルメの中は禁煙だから、なおさら過ごしやすい。中にいる男女の顔を見ているだけで面白い空間だ。

:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このブログがお気に召したらクリックをして下さいませ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

«2017年5月バンコク滞在記(5/27-6/02)